人気ブログランキング |

散歩を楽しく/後1か月にせまった副都心線と東横線の相互乗り入れ

昨日、仕事で横浜方面へ出かけたので帰宅する際に久しぶりに東横線に乗車した。乗車した東横線の車体には、3月16日に乗り入れますというJOINTのポスターライクなものがペイントされていた(帰宅してからネットで調べてみると、「相互直通運転PRラッピング電車を運行」というリリースが発表されていた。
d0183174_19205618.jpg
この車両に乗車したようである)。渋谷駅のマスコット「のるるん」の上にでているカウントダウンの数字も30日を示していた。
あと1か月で東横線と副都心線の乗り入れがスタートするのかと思うと、渋谷駅から高架で代官山駅まで走っている線路が地下化されてしまうさびしさを感じる。
d0183174_1921182.jpg
そういう感傷に浸りながら渋谷駅まで乗車してしまった。久しぶりに「渋谷つながるプロジェクト」のホームページを覗いてみると、各種の新着案内が掲載されていた。
最新情報は「東横線が生まれ変わります」というページ(外部リンクとなる)で、3月16日からの新ダイヤについての特記事項が書かれている。
1.朝ラッシュ時上り列車の所要時間が短縮されます
2.朝ラッシュピーク前の通勤特急・急行を増発します
3.渋谷始発下り列車を設定します
4.渋谷行き(渋谷止まり)の上り列車があります
5.渋谷より先で変わる列車種別について
6.目黒線との接続を改善します
7.東京メトロ日比谷線との直通運転は行わず、全て渋谷方面行きになります
8.菊名始発上り列車を引き続き設定します
の8項目にわけて内容が簡単に紹介されている。
渋谷在住の私としては、3の項目が目についた。内容には
「平日・土休日ともに、終日にわたり渋谷始発の下り列車を設定し、渋谷から横浜方面に乗車されるお客さまの利便性にも配慮します。」
とあり、一応渋谷始発の各駅停車は平日で4〜6本/時、休日で2〜4本/時用意されているようだ。新時刻表が発表されるのは3月に入ってからかもしれないが、どんな時刻表になるのか楽しみである。
また現在、東横線は8両編成、副都心線は8または10両編成で運行しているようだが、乗り入れ後は東横線内に10両編成の車両が走るようである。そのための駅の拡幅工事も行われたようで、一応東横線内の急行停車駅についての停車位置がわかるページも用意されている。
このほか、分散乗車のお願いページなどが用意されている。一方東京メトロでも3月16日副都心線、東横線乗り入れの新しいポスターも貼られている。
d0183174_19214972.jpg
副都心線・渋谷駅も工事がほぼ終了したとみえ、3番線ホームと4番線ホームの間に新たに2線路がホームドアで守られてその姿を見せている。
d0183174_1922769.jpg

たぶん、この4線に東横線、副都心線の区別なく、電車が走りこんできて多くの乗客が乗り降りするのであろう。東京メトロのホームページでも相互乗り入れのページが当然用意されており、
参考URL → 東横線が生まれ変わります
参考URL → 渋谷つながるプロジェクト
参考URL → 2013.3.16 渋谷つながる
by motokunnk | 2013-02-15 19:23 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/17836577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2013年の運試し、G1フェブ... ネットで見つけた報告書による電... >>