人気ブログランキング |

2020年、東京五輪は開催されるのか、評価委員会来日!

五輪招致の目玉となる活動の火ぶたが切って落とされた。今日からの1週間、五輪評価委員会向けのアピール活動が開始された。先週金曜日に五輪評価委員会のメンバーが来日したときから、招致活動は本格化していたようである(空港には歓迎の横断幕も用意され地元の小学生も借出されたようである!)。
成田空港周辺の小学生にしてみれば、小旗をふっての挨拶ははた迷惑であったのかもしれないが、まあオリンピック招致を真剣に考えている人たちにしてみれば、重要なイベントであるのかもしれない。マスコミが発表した世論調査によれば、招致賛成が前回よりも増加して80%強になったとか、ライバル2都市と差がない賛成が得られたようである。
今朝から始まったプレゼンテーションでは、サッカー女子の澤穂希らが担当してPRしたようである。それに先立って行われた公式歓迎行事で、安倍晋三首相が評価委へ歓迎の意を表したという。
新聞によれば「皆さまに保証します。わが政府の完全なるサポートの下、アスリートたちはここ東京で、他では得られない至福を味わうこととなります」と言ったとか、それに引き続いて猪瀬東京都知事が「東京の街を一言で言い表すならば『驚きに満ちた街』。伝統文化を有し、古いだけでなく、非常にモダンで、新しい流行、技術を生み出す力を持つ街」というニュアンスの発言をした。国会でも五輪招致決議案が可決されたそうで、国をあげての招致活動が本格化している。
いずれにせよ評価委員会には、マドリッドやイスタンブールの評価対象は最初に訪問した東京を尺度にするので好印象を植え付けなければいけない。下馬評ではイスタンブールが一歩リードしているという(初めての開催、アジアとヨーロッパの結節点というポイントが大きいという)のでそれを逆転するポイントをかせがなければいけないのではないか。我家では東京五輪に対しては消極的賛成であるのでそれほど熱くはならないが、
d0183174_19204982.jpg
町内会の幟は当分オリンピック招致のままなのであろうか、風にたなびいているが何を幟は考えているのだろうか。
参考URL → IOC評価委員長、東京調査へ来日 小学生が熱烈歓迎
参考URL → 澤「招致活動、本格的になったと実感」
参考URL → 五輪招致決議、衆院で採択へ…IOCにアピール
by motokunnk | 2013-03-04 19:22 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/17927909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< もうすぐホワイトデー、バレンタ... カウントダウン、東横線と副都心... >>