人気ブログランキング |

靖国問題とNHK歴史秘話ヒストリア「誠義」について

国会でも靖国参拝問題が質疑でとりあげられ、安倍首相が答弁している。
「国のために命を落とした英霊に尊崇の念を表するのは当たり前だ。わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない。その自由を確保している」(毎日新聞から転載)
主旨はごもっともである。また、答弁では当初は批判はなかったが、いつごろのころからか中国、韓国では靖国参拝の非難の声があがったかが不明であるとも言っていた。そこで、いつから中国は非難を始めたのかを調べてみることにした。
すると面白いことがわかった。それによれば眉唾ではあるが、大手マスコミが騒いでそれに同調した形で中国が非難するようになったとのことである。
「興味深い事実は、A級戦犯が初めて合祀された後に大平首相、鈴木首相が参拝していますが、その時には中国は何も抗議していない、と言うことです。その後の「戦後政治の総決算」を掲げた中曽根首相の参拝時に初めて文句を付けてきたのです。敗戦国が自分の戦争を正当化するのは気にくわない、という面も当然ありますが、中国としては外交カードの一つとして使ってきた、と言うことでしょう。」
とありそのあと「ただ、これは朝日新聞や毎日新聞などの日本のマスコミが大騒ぎして忠告したので、中国側も何も言わないわけにはいかなくなった、というところもあります。日本の一部マスコミは正義のために靖国批判を行ったと思っていたらしいですが、その結果は、日本国民の間で靖国神社に対する関心が高まり、中国に文句を言われるのは不快だということで、靖国参拝支持が増える、という事になってしまいました。」とまとめている(参考URLサイトからの転載)
真偽のほどは確かではないが、当時は反政府としての意識が強かったマスコミであるからたぶんこの論調は間違っていないのではないか。出雲大社のホームページなのでいささかかたよってはいるようだが、靖国問題をこのように考えている人もいることは参考になるのではないかと思う。
また村山談話についても侵略という言葉の定義について戦勝国と敗戦国で解釈が違っており(当たり前の話である)、それが中国や韓国の非難の対象であるならそれは間違っているという安倍首相の発言にもある部分で納得できる。
そんなことを考えながら、NHK歴史秘話ヒストリアを見て、この認識を再確認した。私の中ではこの番組は歴史を側面から眺めているのが好きで暇があればよく見ている。このブログでも何回か紹介している。昨日のタイトルは「新選組最強ヒーロー!斎藤一 ~会津藩・松平容保との絆~」であった。d0183174_1939257.jpg
番組はエピソードという形で3部からなっており、まず1では斉藤一と会津藩主松平容保との出会いを中心に語られている。斉藤一は下級武士であったが、新撰組では剣の腕は超一流だったそうで、新撰組・京都時代には、複数の事件で名前が挙げられており、藩主からも一目をおかれていたようである。
時代が大政奉還から江戸城開城となり、会津戦争が勃発した段階で何と斉藤一は新撰組隊長となって獅子奮迅の活躍をしたという。近藤勇の処刑後は土方歳三が隊長をしたと思っていたが、このとき土方は怪我をしていたそうで治療のため、会津を離れていたらしい。それで斉藤が隊長となり、会津戦争に参戦したようだ。
会津戦争では会津藩が孤立無援となってしまったが、なぜ会津藩が新政府から攻撃されるか意味がわからないとの説明もあった。京都守護として治安を担当していたのになぜそのことで罰せられなければいけないのか、処刑した人たちが政権をとっただけで罰せられるのはおかしいと。
戦争というものは戦勝した方の論理がすべて真で、負けた方の論理はすべて悪というように見られてしまうようである。このあたりが靖国問題との関連があると私は感じた。
エピソード3では会津戦争で死亡したと思われた斉藤一が藤田姓で存命したおり、警察官となって余生を過ごしたことが紹介され、子孫の人から松平容保から拝領された半紙が家宝として伝えられているとの紹介があった。せいぎという言葉から思い浮かぶ漢字は「正義」であるが番組では「誠義」という漢字を使っていた。
正しいというより「まこと」の義を重んじるという意味で使われるようである。確かに誠とは何か、斉藤一にとって松平容保との絆の強さに報いることが誠義を貫くことであったのかもしれない。
参考URL → 新選組最強ヒーロー!斎藤一 ~会津藩・松平容保との絆~
参考URL → 靖国神社問題を分かりやすく整理してみる
参考URL → 斎藤一(イラスト出典元)
by motokunnk | 2013-04-25 19:39 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/18633746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 図書館戦争封切りにあわせてちょ... 今朝の天声人語、社説から思うこと >>