人気ブログランキング |

真如蓮が咲いていた

先週のことになってしまったが、近所の墓地で大賀蓮の花が咲いていることはブログで報告した。同じ池の別の鉢に真如蓮と命名された鉢があり、こちらも綺麗な花を咲かせていたので遅ればせながらブログでご紹介ということにする。
真如蓮が咲いていた_d0183174_8382873.jpg

ネットで調べると「花弁数:18~24枚。 花径:27㎝。 葉茎長:1.4m。 花茎長:1.4m。 葉の大きさ:48/45㎝。 花色:白色。花弁の幅は広く帯緑色。一重咲種。 花期:7月下旬から8月下旬。山口県の西円寺で古くから植栽されていた。」
とあり、別名もあって「天女蓮」ともいうそうだ。優美な名称がついているだけあり、見ていてもほれぼれする美しさである。
真如蓮が咲いていた_d0183174_8384585.jpg

ただよみをみると「しんにょれん」とあり「しんにょはす」ではないようだ。どちらでもいいが大賀蓮は「おおがはす」であり蓮という文字は「はす」「れん」いずれの読み方もするのだなあと思ったしだいである。
よく睡蓮(スイレン)と蓮(ハス)を混同しがちであるが、そもそも違う種類のようだ。その違いがサイトに掲載されているので転載ながら紹介しておく。
・葉について
睡蓮も蓮も葉は円形です。でもよく見るとちょっとちがいます。睡蓮は基本的に葉に切り込みが入りますが、蓮には入りません。
・花について
花の違いは簡単です。水面に咲くのが睡蓮。水面より上の方で咲くのが蓮です。ってこれで終わってはあまりにも手を抜きすぎなのでもう少しだけ追加説明します。
この他にも蓮と睡蓮の情報満載である。一度立ち寄ってはいかがであろうか。
参考URL → 睡蓮と蓮の違い
by motokunnk | 2013-07-27 08:39 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/19346011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 突然の豪雨と東アジアカップとF... タミヤと有川浩と桜木紫乃 >>