人気ブログランキング |

科学未来館と「サンダーバード博」

昨日、今日と人間ドックであった。昨日、1日目の検査が終了した後、お台場の科学未来館で開催されている「サンダーバード博」を見に行った。実は先日もサンダーバード博を見に行ったのであるが、午前中ということもあって、入場まで30分かかるということで断念した経緯がある。
今回は、待ち行列ができているかもしれないので、ローソンで当日券を事前購入していくことにした。当日券といって、別に日付が記入されているわけでなく、前売券と区別するための当日券のようだ。
さて1日目の検査が終了してお台場まででかけると既に午後4時をまわっており、さすがにこの時間での入場待ちはなくすんなりと目当ての「サンダーバード博」にはいることができた。
d0183174_1143562.jpg

目玉の3D映像はすでに最終回が上映中で見ることはできなかったがそれでも見る価値十分の博覧会であった。1号から5号、ジェットモグラなどTVで活躍したマシンそのものが展示されていた。写真もOKなのにまたまたビックリしたが、子どもたちの自由研究の題材を考えると当然なのかもしれない。
d0183174_1195159.jpg
d0183174_1110869.jpg

協賛企業によるパネル展示もあってなかなか参考になる博覧会であった(パネル自体は駆け足でななめ読みなのでどこまで理解したかは?だが)。
d0183174_11101894.jpg

そして折角きたのだがら未来館の常設展示をチラッと見てから帰ることにしたが、これがまたまた参考になるものだらけであった。
d0183174_1110309.jpg

科学未来館は開設当初、知り合いが事務局長をしていたので、説明員つきで展示物を説明してもらって以来であったので、当時とは展示物そのものが様変わりしていた。
駆け足でパネルを読むことはしなかったがH2ロケットのイオンエンジンの模型(つい最近、映画はやぶさのDVDを借りたので記憶が鮮明に残っていた)と宇宙ステーションの室内再現スペースが印象に残った。
室内スペースの外側には実際の宇宙ステーションで研究した研究者のサインが数多く残されていた(多分、レプリカであろうが)。
d0183174_11105281.jpg

今度は時間をしっかりとって常設展示をしっかりと理解できるように勉強しようと思った短時間での未来館見学であった。
参考URL → サンダーバード博
参考URL → 科学未来館
by motokunnk | 2013-08-16 11:06 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/19474480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 楽天・田中将大、神様超えのプロ... 68回目の終戦記念日 >>