人気ブログランキング |

夢考房と世界を変えた書物展とバレンティンと

昨日、神宮球場で行われたヤクルトVS阪神戦でバレンティンが56号本塁打をはなち、日本プロ野球新記録を達成した。その後も57本目の本塁打を打ち、記録を57本にのばしている。
ファンやマスコミも快挙に大騒ぎまではいかないまでも祝福の声をあげている。バレンティンの人柄のよさも影響しているのかもしれない。またMLBでの実績がない選手というのも好感を得ているひとつの要因かもしれない。未踏の60本台まで到達するのは時間の問題かもしれない。
さて首都圏は台風直撃の予想があり、無用な外出は控えるようニュースで放送されている。今日は敬老の日、散歩は控えることにしよう。TVでは午後2時から「ABUロボコン大会」が放送される。
この大会は、アジア太平洋地域にある大学が集まり、ロボットによるコンテスト(いろいろなルールが毎回決まっておりルールに沿ったロボットで競技をして争う大会)で2002年から開催され、今年が12回目である。メカに興味がある私としては毎回ロボコン大会には興味を持っていたので今年も楽しみにしていた。
結果はご存知のように金沢工大のロボコンチームが見事に初優勝を飾った。日本代表としても8年ぶり2回目の快挙だそうだ。
金沢工大といって思い出すのは、ライブラリーセンターである。館長先生とは10年以上前からの仲良くさせていただいており、数年はお会いしていないが懇意にさせていただいている。10年近く前にお伺いした際、学内の見学をさせていただいた。ライブラリーセンターに隣接して「夢考房」を案内してくれたとき、
「一般に夢工房というと、工房という熟語を想像するが、金沢工大の場合は、考房という字をあてている。その意味は夢を実現するためには考えることが重要であえて考えるという文字をあてている」というような説明をしていただいた。金沢工大は中部圏の高校教師が教え子を入れたい大学のトップ10にランクインしているという。この考える姿勢が高校で評価されているようだ。
そしてライブラリーセンターにはもうひとつ世界に誇れるコレクションがあるそれが「工学の曙」文庫である。館長自ら企画し卓上カレンダーを作成しており、2013年版の表紙はこれであるが、館長の自室には過去のカレンダーも机の上に置かれていた(大学を訪問した際に発見した)。
d0183174_86491.jpg

その「工学の曙」文庫から選りすぐりの古書を数百冊ピックアップしての展示会が名古屋市で開催されているようである。中部圏の人で工学に興味のある人は必見だと思う。
普段は見学できないのだが一度「工学の曙」文庫を友人の設計者と見学させていただいた際、彼が寝袋持参でいいのでこの部屋に泊めてもらってすべての書籍を観てみたいと感激するコレクションである。
参考URL → ABUロボコン
参考URL → ロボコン優勝
参考URL → 世界を変えた書物展
参考URL → 工学の曙文庫
by motokunnk | 2013-09-16 08:12 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/19662172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 白雪姫に登場する小人のようなパ... ベトナムフェスティバルが今年も... >>