人気ブログランキング |

ビブリア古書堂の事件手帖

最近、ビブリア古書堂の事件手帖を電子ブックで読んでいる。有川浩の本(KOBOで売られているもの)を読みつくしたからではないが、何となく気になっていた本であった。TVドラマ化されたが思うように視聴率が稼げなかったとか、主演したヒロインのイメージが原作とかなり異なっていたとか言われているが舞台が鎌倉ということなので古都と古書という語呂合わせではないが興味を覚えたので取りあえず1巻目を買ってみた。
d0183174_2001198.jpg

読んでみると知っている病院がでてくるではないか。仕事で訪問している学校の隣にある「大船中央病院」である。
d0183174_2005421.jpg
また主人公が大船駅近くに住んでいるという想定なので駅前商店街などが描写されているので読んでいて情景が想像できてしまう。これが「ビブリア古書堂の事件手帖」を暇を見つけて読むことになった理由かもしれない。第2巻ではヒロインの篠川栞子が学生時代に通った書店が紹介されている。多分島森書店がモデルだと思う。残念ながら大船駅前は数年前に閉店されてしまい今はコンビニとなっているが、その当時のが思い出された。
d0183174_201122.jpg

第3巻まで読み終えてこれから第4巻を読むはじめるところであるが、KOBOを買ったおかげではないが、読書が好きなおじさんになってしまったようだ。KOBO購入から1年ちょっとで読んだ本は50冊、それまでは年間で5冊程度だったのですごい読書量だと思っている。ただ本当の読書好きの足元にも及ばない読書量だということはわかっているが、読書嫌い(ではないが)が少なくとも読書をするようになったのだから出版業界としては万々歳であろう。
参考URL → ビブリア古書堂の事件手帖
by motokunnk | 2013-09-27 20:01 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/19726554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 秋のG1スプリンターズステークス開幕 スポーツ祭東京2013は202... >>