オウム真理教事件の現場は今

一昨年の大晦日にオウム真理教事件の逃亡者の一人であった平田信被告の公判が東京地方裁判所で始まった。裁判員制度で実施される初めてのオウム真理教関連裁判である。そのためではないだろうが裁判初日には多数の傍聴者が集まったとの報道があったが、今日2回目も初回を超える傍聴者があつまるのではないかと思う。
それはすでに死刑判決がでている中川智正死刑囚が証人として出廷するからである。松本サリン事件、地下鉄サリン事件などオウム真理教が起こしたテロに近い事件からおよそ20年、事件の真相はいまだに明らかになってはいないと思う。
我家の近くにもオウム真理教にからんだ施設があるが、今は空きビルとなっている。
d0183174_8291970.jpg
東京総本部と言われ、当時はマスコミやそれを警備する機動隊、多数の人でごった返していたが昨日、眼圧検査で病院に行く際にはひっそりとしていた。そもそも私は事件発生まではここがオウム真理教の本部ということすら知らなかった。ただ単にパソコンの安売りショップだと思っていた。
そしたここで、オウム真理教の幹部であった村井秀夫が刺殺される事件が発生したのである。そしてその日、たまたま我家4人は事件発生の数時間前にこの場所を通り過ぎたのである。
ちょうどその日は国立競技場でJリーグの試合があり、それを観戦しての帰り道、ちょっと遠回りをしてこの場所を通過したのであった。そして夜のニュース速報でこの事件のことを知りビックリした記憶が残っている。
それから20年、オウム真理教が起こした事件の真相解明はできるのであろうか、それとも真相は闇のままなのであろうか。
参考URL → 中川死刑囚、21日に証人出廷/A>
参考URL → 
村井秀夫刺殺事件/A>
[PR]
by motokunnk | 2014-01-21 08:30 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/20257870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 小林可夢偉がF1復帰 NFLカンファレンス決勝と眼圧検査 >>