人気ブログランキング |

ようやく春らしい気候となりそうな気配

「暑さ、寒さも彼岸まで」とはよく言われたもので、春の彼岸が近づいてようやく冬から脱出し。春らしい気候となりそうな首都圏の天気である。今後1週間の週間予報をみると、最高気温は10度以上が予想され、今までのように寒いと感じることはなさそうである。
さて春が近づくと桜の季節到来である。最近、図書館に行く機会が増え(もっぱら過去の小説を借りるのが多いが)、渋谷駅近くの文化総合センター大和田の2階にある図書館(平日11時開館というのがネックではあるが)にも足を運んでいる。その途中に桜丘商店会があり、桜祭りのポスターが貼りだされている。
ようやく春らしい気候となりそうな気配_d0183174_859161.jpg
ようやく春らしい気候となりそうな気配_d0183174_8592881.jpg

3月28日にインフォスタワー広場で開催されるらしい。また、祭を盛り上げるためではないだろうが、協賛団体の提灯がまとめて飾られている。夕暮れ時には提灯に火が入りさぞかし綺麗な輝きとなると思われる。
桜といえば、金王八幡宮にも金王桜という珍しい桜の木があり(渋谷区の文化財となっている!)、例年お祭りが開催されている。今年は29日~30日の2日間だそうだ。土曜日には金王丸の丸木像(こちらも文化財指定)も特別開帳されるので、一見の価値はありそうだ。ようやく春本番となりそうな気配を感じる。
ようやく春らしい気候となりそうな気配_d0183174_8594573.jpg

マレーシア航空機が消息を絶ってから4日が経過したが、いまだに機体は発見されていない。盗難パスポートを利用したのはイラン人ということは政府から発表されたが、テロが事故かの特定はまだである。いずれにしろ海上に落下したと思われる機体を発見するにはまだまだ時間がかかりそうで、原因の特定にはかなりの時間を費やすことが必至と思われる。
また、世紀の大発見といわれてSTAP細胞の論文が撤回されそうだ。画像転用などの疑惑が発覚したり、手順通りではSTAP細胞ができなかったりするらしい。こちらも朝のワイドニュースを騒がさせそうな話題である。
参考URL → 関東の桜祭り
参考URL → 盗難旅券の2人はイラン人 密入国図る?
参考URL → 論文撤回なら研究成果が「白紙」に
by motokunnk | 2014-03-12 09:00 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/20453003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< なでしこジャパン、アルガルベ杯... アルガルベ杯決勝進出、そして東... >>