人気ブログランキング |

「文化誌が街の意識を変える展」開催中

渋谷ヒカリエ8階のイベントスペースで「文化誌が街の意識を変える展」が開催されている。よく47都道府県の1県毎の特集を展示してあるスペースで今回は47都道府県で発行されている情報誌を一堂に集めての展示だ。
そして多くのイベントが無料公開であったがこの展示会は有料であることが特色である。ミニコミ誌扱いされているものや地域独自の視点での情報発信誌などがあるということなので昨日、展示会に足を運んできた。平日の午前中の時間であったので会場は私一人であった。開催されて1カ月経過しており、休日でもないのですいているとは思っていたがまさか一人とは思わなかった(すぐに2人のグループが入館してきたのでホッとした!)。展示はいつもこのコーナーで行っている手法と同様に47のジャンルにわけて展示されていた(47都道府県なので当たり前)。
「文化誌が街の意識を変える展」開催中_d0183174_8194386.jpg

それぞれ各県から1誌ずつ選ばれて展示されているが、たぶん各県でどの情報誌を展示するかで議論があったのではと思う。また情報誌は手にとってみることができ、手にとると情報誌が置かれていた机にはB5サイズの簡単な説明が貼られていた。凝った演出だと思った。情報誌は無料、有料様々でその土地に行かなければ購入できないものや100%県外で販売しているものなど様々であった。
旅行にでかけた際、その土地の文化に出会うことは新しい発見であるが、そのときにこの情報誌が役立つのかもしれない。ヒカリエ2階の花屋さんの店先には色とりどりの紫陽花の鉢植えが売られていた。
「文化誌が街の意識を変える展」開催中_d0183174_820619.jpg
紫陽花といえば青、緑など単色のものというイメージだが品種改良が進んだとみえてとても紫陽花とは思えない配色のものばかりであった。
文化誌が街の意識を変える展
by motokunnk | 2014-05-20 08:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/20724470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< MLB2投手の明と暗、そして交流戦 おはら祭とアジア杯とMotoG... >>