人気ブログランキング |

明治神宮御苑の楽しみ方とW杯2日目の番狂わせ

昨日は早朝からワールドカップ開幕戦を見ていた。ブラジルが勝利したことを見届け、朝食をとりあまり天気がよかったので明治神宮まで出かけることとした。
梅雨どきで運動不足解消のため、徒歩にて明治神宮まで行くことにしたが、途中、表参道交差点からちょっといったところで、お店の前に多数の人が押し寄せていた。何事かと思うと、アップルストア表参道のオープニングとのことであった。なんでも先着数千人に特製のシャツがプレゼントされるそうである。お祭り騒ぎの原因はこのことなのかもしれない。
明治神宮御苑の楽しみ方とW杯2日目の番狂わせ_d0183174_8443035.jpg

明治神宮では、花菖蒲のポスターが貼りだされて6月中旬から下旬が見どころと書かれていた。花菖蒲が見られる場所は明治神宮内にある御苑というところで、明治天皇が皇后のために作った庭園だそうで、庭園維持料という名目の入場料が必要である。
御苑は何も花菖蒲だけが有名ではなく、御苑そのものが魅力たっぷりの庭園といえる。詳しくは下の参考サイトをみていただきたいが、皇后のために建築した隔雲亭や御池などがある。一時期パワースポットとして有名になった清正井もこの御苑の中にあることはあまり知られていない。
明治神宮御苑の楽しみ方とW杯2日目の番狂わせ_d0183174_8445668.jpg

花菖蒲園は看板に偽りなしという言葉があるように、7~8割の菖蒲が見事な花を咲かせており、平日にも関わらず多数の見物客が訪れていた。写生をする人専用の場所も設けられており腕自慢と思しき人がキャンパスに花菖蒲を描いていた。
明治神宮御苑の楽しみ方とW杯2日目の番狂わせ_d0183174_8451319.jpg
明治神宮御苑の楽しみ方とW杯2日目の番狂わせ_d0183174_8452593.jpg

家に帰り昼食をとっていると雷が聞こえはじめ、当然大粒の雨が降り出した。天気予報によれば午後は局地的に大雨が降るかもしれないと言っていたが当たってしまったようだ。今年の梅雨は朝と昼で全然天気が違ってしまう、変な梅雨である。
寝不足の原因となっているブラジルW杯である。2日目は前回の決勝カードが予選で行われるという屈指のカード、スペインvsオランダの戦いがあった。予選は2位までになれば決勝トーナメントに進むことができるのだが、この組は決勝トーナメントはブラジルのいる組との対戦が決まっており2位通過するとトーナメント1回戦はブラジルと対戦する可能性が高くなり、両チームとも勝つことが必須と言われていた。
下馬評ではスペイン有利という報道が多数あり、試合もスペインがPKで先制したところまではよかった。1-0のまま前半終了かと思われたが、終了間際に香川の同僚であるファン・ペルシーのヘディングシュートが決まり同点で後半に突入した。
試合の流れは五分五分でいつもの流れるようなスペインのパス攻撃はなりを潜め、オランダの前線へのパスが通るような感じがしていた。その中で8分にロッペンの逆転シュートが炸裂した。これでスペインが焦ってしまったのか次々にゴールを決められ終わってみれば1-5のまさかの大敗をきっしてしまった。
明治神宮御苑の楽しみ方とW杯2日目の番狂わせ_d0183174_8454048.jpg

予選リーグ突破は間違いなしと思われていたFIFAランキング1位のスペインの思わぬ敗戦、後2試合の勝利がマストである。それでもトーナメント1回戦はブラジルが相手となりそうだが。そういえば前回のW杯南アフリカ大会のスペインも初戦は負けていたような気がした。
参考URL → アップルストア表参道が6月13日オープン
参考URL → 明治神宮御苑
参考URL → V・ペルシー&ロッベンが爆発!
by motokunnk | 2014-06-14 08:46 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/20808234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日本代表の初戦は黒星、予選突破... ワールドカップ開幕、そしてルマンでは >>