人気ブログランキング |

STAP細胞は存在しない?

本当にSTAP細胞は実在するのであろうか、この疑問についてSTAP細胞論文の共著者の一人である若山山梨大学教授が昨日会見を行った。夕方のTVニュースでこのことを知ったが、彼によると小保方さんからもらったSTAP細胞からSTAP幹細胞を作製し保管してあるが解析結果を発表し、「STAP細胞があることを示す証拠はなかった」と語った。
また若山教授からマウスが提供され、STAP細胞が作製され、それが若山教授の手元に届いたそうだが、実際に届いた細胞のDNAは若山教授が提供したマウスとは別物だったという。
「STAP細胞はあります。私は200回以上も実験で作製しています」といった小保方さんの発言についても200回実験が成功するならそれに利用するマウスは1000匹以上も必要だと思う。僕の研究室でこれだけのマウスを飼育することは不可能とも発言した。
d0183174_8303829.jpg

今後STAP細胞の研究を続けるのか、との問いついて若山教授は「山梨大に移ってから何十回実験を繰り返しても細胞はできていない。『できる』と言うのは小保方さん1人だけ」と言いながら一方で、「STAP細胞が絶対にない、とは言い切れない。ない、という証明はできない」とも付け加えた。STAP細胞はないという証明は無理なのかもしれない。
以前も書いたかもしれないが、小保方さんの会見で若干のコツがあるという発言があったが、そもそも論文を出す以上、細胞作製の手順を示すわけで手順通りに行えば細胞は作製できるはず、コツなどというのは料理の味付けを行う際のアレンジである。
割烹着がいっとき話題となったが、小保方さん、理研を辞めて料理研究家に転身するのもいいかもしれない。
科学の世界では三大不正のひとつになってしまうという危惧があるそうだ。三大不正の2つは、ベル研究所のヘンドリック・シェーンらによる超伝導研究における不正事件(2002年発覚)と、ソウル大学のファン・ウソクらによるクローンES細胞研究における不正事件(2005年発覚)だそうだ。
参考URL → STAP細胞の存在示す証拠がない・写真転載サイト
by motokunnk | 2014-06-17 08:31 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/20817854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 明暗くっきり、日本人投手2人 トヨタの夢は14時間目で消滅し... >>