人気ブログランキング |

久しぶりの東京ビッグサイト

会社勤めの時代には情報収集の場として活用していた各種のイベント、フェアの類であったが、退職してからは趣味の世界以外ではとんとフェア、イベントからはご無沙汰していたのもじじつである。
ただこのフェアは趣味の世界からも見てみたいと思っていたので昨日出かけることし、臨海地区、東京ビッグサイトにむかった。渋谷からは乗り換えなしでりんかい線にのって東京国際展示場までいくことができる。
d0183174_837512.jpg

一応、梅雨どきなので折りたたみ傘持参で出発した。展示場駅からは徒歩で10分程度、人出はそれほど多く感じられなかった。やはりブックフェアはICT系のフェアに比較すると人気薄なのかもしれない。昨年と同様にイベントは西館を一杯に利用して行われていた。
1階がブックフェアと電子出版EXPO、コンテンツ製作・配信ソリューション展、2階がクリエイターEXPO、プロダクションEXPO、キャラクター&ブランドライセンス展である。この構成も昨年と変わらないようである。
ブックフェア、電子出版EXPOとも大手出版メーカーや販社などがブースを出して、場所によっては即売会(割引)も併設されており来場者で購入している人もいた。書籍だけでなく、関連キャラクタグッズも展示、販売されているのにはちょっとした驚きを感じた。
d0183174_8383949.jpg
d0183174_8385964.jpg
d0183174_8391225.jpg

2階も冷やかし半分で覗いてみたが、こちらにはなんと車が展示されていた。会場案内図を見ると確かにメーカーの名前がでていたのでビックリである。
d0183174_8392845.jpg
また東南アジアの国も出展しておりブックフェアもグローバル化しているなあと肌で感じる一面もあった。
さて展示会も見終わり帰路についたが、帰路は船で帰ることにした。日の出桟橋は会社が浜松町に本社があった時代によく利用したことがあったので、懐かしさ半分で船を利用した。
d0183174_8431953.jpg
日の出桟橋からは東京湾クルーズの観光船がちょうど出港のタイミングだったようだ。
さて今日は、MLBではダルビッシュ、マー君が先発する。前回登板ではそれぞれ好投(結果は明暗わかれてしまった)したので今回も期待できる。マー君には自身の連敗ストップもあり注目だ。
日本のプロ野球ではオールスターの監督推薦選手の発表があり、大谷翔平が投手として選ばれた。野手、投手として選ばれるのは関根さん以来のことだそうだ。
今年は2年目をむかえて打者、投手としてもいい結果をとりあえずだしているので、今年は投げて160kmのストレート、打ってホームランを期待したい。
参考URL → 東京ブックフェア

追記:マー君、7回4失点でクオリティスタートの新記録達成はできなかったが、自身連敗を止める12勝目をあげることができた。ただ、内容はよくなかった。
by motokunnk | 2014-07-04 08:45 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/20873528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ベスト4はドイツとブラジル、そ... 24騎士団とプロ野球の話題 >>