人気ブログランキング |

広島の土砂災害の原因と東京巨大地下の話題

広島の土砂災害で多数の犠牲者がでてしまったが、この事故は「まさ土」によるものとの指摘が各所でされている。今日の朝日新聞にはその「まさ土」についての解説が掲載されている。
d0183174_08585800.jpg
「まさ土」とは漢字では「真砂土」と書くそうで花崗岩が風化してできた砂や土が混ざったものだという。砂場の砂と同じで湿らせると固くなるが水をかけると崩れてしまう、そんな性質のある土だそうでこのエリアでは過去にも同種の土石流災害が発生している。
1999年6月29日の豪雨災害では31人の命を奪う土砂災害が発生したそうだ。そのときと同じエリアでの災害発生、対策は考えられていたのであろうか。
d0183174_08590744.jpg
話題をかえて、昨晩BS日テレで「誰も知らない巨大地下・東京」という番組が放映されていた。私の住んでいる渋谷エリアも番組に登場するということなので見ることにした。
番組ではまず地下鉄大江戸線について特集していた。知らなかったことであるが大江戸線の車両には鉄綸式リニアが採用されている。最近の地下鉄で採用されているこの技術のメリットは2つあるそうで、車体をコンパクトにすることが可能なので、トンネルの断面積を小さくできることだそうだ。
d0183174_08591683.jpg
そして次のメリットは急勾配と急カーブの連続する路線を速く走ることができる性能を簡単に生み出すことができるそうだ。この2つのメリットがあり、大江戸線かリニアを採用したそうだ。今度大江戸線を利用するときは線路の間にあるリアクションプレートを注意してみることにしよう。
その後、番組では渋谷川についての話となったが、ほとんどは私が知っていることであった。暗渠となって今の東急東横店の下を流れているとか、普段はほとんど水が流れていないが、大雨となった際の排水用として活用されているとかの話であった。
d0183174_08593217.jpg
また現在進められている渋谷駅再開発の現場内部の光景が若干放送されていた。普段は見ることができないが、いつも通っている地下通路の先はこのように地下空間がつくられているのだと実感し、2017年完成予定の渋谷駅南サイドの水辺空間のイラストが表示された。
いろいろな場面でこのイラストを見ることができ、2017年が楽しみになってきてしまった。
参考URL → 広島特有もろい地盤「まさ土」に大量の雨
参考URL → 1999年(平成11年)6月29日 6.29災害(豪雨災害)
参考URL → BS日テレ - 「木曜スペシャル」番組サイト
参考URL → 鉄輪式リニア・イラスト転載サイト
参考URL → 渋谷駅南側、憩いの場に・イラスト転載サイト
by motokunnk | 2014-08-22 09:05 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/21037774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 猫の不審死は大田区だけではない 土石流の恐ろしさと大鵬の銅像 >>