人気ブログランキング |

紅葉と白根記念渋谷区郷土博物館・文学館の展示会

渋谷区には白根郷土博物館・文学館といういわば郷土の歴史を紹介している館がある。東京都の場合、いずれの区にも同様の施設があるようでそれぞれそのエリアの歴史などを展示しているようである。
地上2階、地下2階の建物で常設展示スペースは2階、地下2階部分で1階が企画展示スペースとなっている。場所は国学院大学のそばであるから、渋谷駅からも徒歩圏内といえそうだ。
企画展は毎回ユニークな展示があり、今展示されているのは、「オリンピックと渋谷」である。この郷土博物館も60歳以上は無料なので昨日、企画展を見に行ってきた。
途中、国学院大学を横に見ながら歩いていくのだが、キャンパスはすっかり紅葉、見事な紅葉を見ることができた。黄色く色づく樹木はないようであった。
d0183174_08465711.jpg
さて、企画展示であるが、もともと企画展示スペースといってもそれほど広いスペースではない。そのスペースをうまく利用して東京オリンピックと渋谷の関係について詳しく説明されていた。
代々木公園は今では都立公園であるが、第二次世界大戦後はワシントンハイツといって、米軍施設が建設されていた。その後1964年に東京オリンピックが開催されるのを機会に払下げられ、オリンピック選手村が建設された。
オリンピック後には公共施設となって今があることが紹介されていた。また、東京オリンピックのトーチ(これは常設展示にもある)や選手村食堂、サービスセンターの精巧な模型が展示されていた。これらの模型は初めて見るものであり、企画展が終了しても常設展示コーナーに移して展示して欲しい出来栄えであった。
d0183174_08470515.jpg
d0183174_08471295.jpg
d0183174_08471926.jpg
近くにはコカコーラ本社ビルの建て替え工事現場があるが、その看板には「オリンピックがまた東京にやってくる」と派手に書かれていた。オリンピックの公式スポンサーなのだから当たり前のことかもしれない。マンションの木々も見事な紅葉であった。

by motokunnk | 2014-11-25 08:49 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/21333810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< F1テスト開催、マクラーレンホ... ハミルトン2度目のチャンピオン... >>