人気ブログランキング |

初詣はいつまでに行く

数年前にこの題目でブログを書いたことがあるが、毎年年末、年始になると、そのブログ記事の閲覧回数があがっているようだ。誰しもが疑問に思っていることのようである。
ネットのお助けサイトによれば「現在では、初詣は松の内に行くのがおおよその目安になっています。」とあり、但し書きで「松の内の期間
松の内の期間は一般的に、門松やしめ飾りなどを飾っておく期間のこと指し、関東では主に1月7日までとされています。地方によって松の内の期間は、ことなることがあり、関西では1月15日までの小正月とする場合もありますし、1月20日、二十日正月までを松の内としている地域もあります。」と書かれている。
よっていつまでに行くのが初詣とは決まっていない、「年が明けて初めてお参りをすることが初詣です。」としめている。文字のとおりである。
また同時に調べていると、初詣の疑問と作法という日本経済新聞が用意しているページもあった。
こちらは各項目毎に○×形式で解説されており、イラストで説明している項目もあるのでひじょうにわかりやすくなっている。
そんなわけで初詣ではないが、近くの豊栄稲荷神社をお詣りした。
d0183174_08275193.jpg
この神社は、鎌倉時代、渋谷高重によって渋谷駅に祀られた田中稲荷神社と、道玄坂に祀られていた豊澤稲荷神社が合祀され、昭和36年当地に祀られたもので、庚申塔が渋谷区の文化財となっていることで有名である。
参考URL → 初詣の疑問と作法
参考URL → 初詣はいつまでに行けばいいの
参考URL → 豊栄稲荷神社

by motokunnk | 2015-01-14 08:28 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/21473683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 小豆粥とトリックアート展 成人の日、パリではテロ撲滅大集会 >>