人気ブログランキング |

御苑の花菖蒲と歴史秘話ヒストリア

昨日は早朝から女子サッカーW杯のC組予選リーグのなでしこジャパンの試合を観ていた。1-0の結果ではあったが、これでC組1位となり、決勝トーナメントへ進出である。
まだまだ長い道のりだがとりあえずは初期の目的は果たしたようだ。24日開催予定の決勝トーナメント1回戦が楽しみとなってきた。
朝食を済ませてから、明治神宮御苑に花菖蒲を見に行くことにした。例年は徒歩で明治神宮まで行き、東門から御苑にはいり、菖蒲田を観て北門から退出するのであるが、今年は全く反対のコースから行くことにした。単に気分の問題であるが、北参道は観光客も少なく自然を満喫できてすがすがしかった。
どうも原宿からの参道は最近は特に中国人観光客が多く、見た目は日本人なのだが、話している言葉は中国語、そんな集団をよく見かける。御苑には北門から入り、菖蒲田を目指すことにした。
御苑の花菖蒲と歴史秘話ヒストリア_d0183174_08425529.jpg
御苑の花菖蒲と歴史秘話ヒストリア_d0183174_08430356.jpg
御苑の花菖蒲と歴史秘話ヒストリア_d0183174_08431118.jpg
花菖蒲は五分咲き程度であったが、株によっては満開となっているものもあり、綺麗であった。管理する人もたいへんであろうと思う。なかにはみかたによれば人の顔そっくりな花をつけているものもあった。はとバスと思しき観光客の一団も御苑にきて菖蒲を鑑賞していた。
花菖蒲を鑑賞して帰路につきかけたところ、雨が降ってきた。出かけるときに、傘を持ってでなかったので、雨宿りをすることにしたが、雨はだんだん激しくなりやみそうもない。おかげで昼近くまで明治神宮に足止めとなってしまったのは誤算であった。
夜は久しぶりに歴史秘話ヒストリアを観た。タイトルは「あなたの知らない信長の素顔 ~英雄を記録した男 太田牛一の生涯~」である。大田牛一、信長公記の執筆者の半生を紹介している番組であった。出生からなぜ織田信長の家来となったのか、そしてメモ魔であった性格、弓の名人であったことから側で仕えることとなったことなどが紹介された。
また、明智光秀の最期についての調査や、豊臣秀頼に仕えたことなども紹介され、私の知らない違う一面を知りえたこともよかった。
今度、信長公記を読んでみようかと思う。めでたし、めでたしで終わっているそうなので読んでいても楽しいであろう。
参考URL → 御苑の花菖蒲
参考URL → ~英雄を記録した男 太田牛一の生涯~

by motokunnk | 2015-06-18 08:44 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/21885182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 木曜時代劇最終回とATP500... 日本ハム交流戦1位はならず、男... >>