人気ブログランキング |

新潟・弥彦菊まつりとドルフィンズ復活か

先週土曜日から渋谷エリアでは新潟・弥彦菊まつりが先行して開催されている。菊まつりといってもあたり一面菊の花というわけではなく、菊のブースがあるというイメージである。
ヒカリエ、代官山の旧朝倉住宅、ふれあい植物センターの3か所で開催されているそうだ。日曜日に旧朝倉住宅に出かけてみた。
d0183174_09035658.jpg
d0183174_09033852.jpg
d0183174_09034678.jpg
いつもはヒカリエの菊まつりを見ていたが、旧朝倉住宅の菊も住宅前に展示されており、奇麗であった。懸崖、数咲、三幹などがせまい展示スペースに配置され、見事な美しさを演出していた。今年は3会場すべてに行ってみようかと思う。
さてNFLでは第7週が開催され、そろそろ好不調のチームに色分けされてきている。その中でドルフィンズであるが、HCが交代し、勢いを取り戻したかに見える。
今シーズンはホームで勝っていないドルフィンズがホームにテキサンズをむかえた。テキサンズはここまで2勝4敗と不調であるが、過去7戦全敗と苦手にしておりどうなることかと思っていた。
しかし試合が始まるとQBタネヒルから面白いようにパスが決まり、第1Qだけで3TDパスを決め、21-0とリードした。この勢いは第2Qも止まらず、パスあり、インターセプトあり、ランありとTDをとりまくり前半だけで勝負を決めた。
d0183174_09032994.jpg
後半はテキサンズに追い上げられたがそれでも44-26で勝利し通算成績を3勝3敗の五分とした。キャンベル暫定HCの就任後は連勝である。QBタネヒルもパス19回中18回成功、282ヤード、4TDの大活躍、QBレーティングも自身最高となる158.3をマークした。
ここ数試合多かったインターセプトがゼロだったこともよかったようだ。そして第8週は同地区のペイトリオッツとサースディナイトゲームである。目下6連勝と絶好調のペイトリオッツに勝つことができればドルフィンズの強さは本物といえそうだが果たしてそううまくいくのであろうか。いずれにしろ木曜日夜(日本では金曜日朝となるが)の試合が楽しみである。

by motokunnk | 2015-10-27 09:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/22392402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 領海の定義、イージス艦の哨戒活... 雨にたたられたアメリカGP、ハ... >>