人気ブログランキング |

ターミネーター/ジェニシスのブルーレイ

ターミネーターシリーズの最新版である、ターミネーター/ジェネシスのブルーレイが発売された。ターミネーターシリーズのファンである私としては予約してあり、一昨日自宅に届いたので早速観ることにした。d0183174_08391641.jpg
ターミネーターシリーズはT1~T4まで公開されており、今回の作品がT5となるが、時代背景はT1と同じとなっている。ジョンコナーが生まれる前の設定であり、サラコナーとカイルリースの物語である。
過去のシリーズを思い出させるシーンもふんだんに織り込まれており、観ていて懐かしさを感じることがたびたびあった。アーノルド・シュワルツェネッガーもターミネーターとして出演しているが、なんとサラコナーの保護者としてでているのにはビックリした。
どんでん返しが多々あるストーリーで最後までハラハラさせる展開は期待を裏切らなかった。
話はかわり、つくば市にあるベンチャー企業が医療用ロボットHALを開発し、11月10日に薬事・食品衛生審議会 (医療機器・体外診断薬部会)での審議の結果、部会の了解が得られたそうだ。これで医療用としてロボットが認知されて実世界で活躍の場が開かれたわけである。
そしてなんと製作会社の名前はサイバーダイン社である。ターミネーターシリーズでスカイネットを構築した会社と同じ名前であるところも創設者の意図を感じてしまう。
昨年、ひょんなことでHALの見学(写真は見学時に写したものである)をしたが、そのときフルタイプのHALの話を聞いた。
d0183174_10402099.jpg
フルタイプだと、非力な人でも重量物を持ち上げることができるようになるという。もし軍事に利用されると、とえも人の力では運べないもの(重量のかさむ兵器)もたやすく運べてしまう世界が実現する。
テロに利用されて大量殺人などという事件が起きないことを祈るしかないのだが、便利な発明はすぐに悪用されてしまう。

by motokunnk | 2015-11-19 08:40 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/22529087
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 代官山アドレスのクリスマス、そ... 神宮外苑いちょう祭り、W杯予選... >>