人気ブログランキング |

イギリスのEU離脱、日本代表は2連勝

イギリスでEU離脱の可否を問う国民投票が行われた。投票直後の調査会社の発表では残留派が有利との情報であったが、いざふたをあけると終始離脱派が票をリードし、昨日午後にはイギリスのEU離脱が決定した。
この決定で、日本の株式市場、為替は円高、株安が急激にすすみ、株価は1300円安、為替も102円となってしまった。円安、株高がアベノミクスを支える大きな要因であるだけにアベノミクスの今後に少なからず影響しそうだ。
英国民も経済発展よりも増え続ける移民問題が重要と結論づけたようで、このことは参議院選挙で各党の主張にも影響を与えそうである。対岸の火事と言ってられない状況ではないだろうか。
さてソフトボールの日米対抗第2戦が場所を仙台に移して行われた。日本の先発は若手の濱村ゆかりである。2020年の東京オリンピックでソフトボールが復活した場合にはエースとしての期待がかかる。
相手のアメリカはカルダである。カルダには昨年も苦しめられたが、今回もまた4回までノーヒット、5回に初ヒットを打つがヒットはこの1本だけであった。
一方の澤村も四球、ヒットは打たれるが要所は凡打、三振に打ち取りアメリカ打線をおさえ、第1戦とは異なり1点を争う試合となった。
試合は延長戦に入り、タイブレーカー(無死2塁から攻撃開始)で行われることとなった。一死3塁とした日本はスクイズを仕掛けるが失敗、2ストライクと追い込まれたが見事にセンターに打ち返して犠牲フライで1点を先制した。
d0183174_09153053.jpg
続く打者がフェンス直撃の3塁打を打ち、長崎(この選手も東京オリンピックでは主軸を打つことが期待されている)が連夜のタイムリーヒットを放ち、試合を決定づけた。8回裏を7回から登板した藤田がしめて2-0でアメリカに連勝した。
最終の第3戦も仙台で午後2時に試合開始、BS日本テレビで生中継されるようだ。

by motokunnk | 2016-06-25 09:17 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/23248204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 私の夢はドゥラメンテ 久しぶりの総会、ソフトボールは... >>