人気ブログランキング |

豊洲新市場、地下水の成分はヒ素、そして楕円球の試合

豊洲新市場問題がゆれている。先日共産党所属の東京都議会議員がペットボトルにいれ持ち帰った地下水から環境基準値には満たないがヒ素が検出されたと発表した。
豊洲新市場、地下水の成分はヒ素、そして楕円球の試合_d0183174_08593447.jpg
ヒ素は雨水には含まれない成分なので、東京都が主張していた雨水が流れ込んだ説はこれで否定されたわけである。ベンゼンやシアンなどは検出されなかったようだが、専門家によれば土を入れて空洞をふさいだ方がよいとのこと、小池知事が帰国してから事態は動くであろうが豊洲新市場開業は大幅に遅れそうである。
ひょっとすると豊洲移転も白紙に戻される可能性すらでてきてしまった。今後の動向に注目である。
NFLも第2週、恒例となっているTNFが開催された。対戦カードはAFC東地区のジェッツとビルズである。両チームとも開幕戦は敗れているだけにここは初勝利をあげたいところである。ただ試合はジェッツペースで運んでいった。第1Qは6-7とリードされるが第2Qに2本のTDを奪い前半を20-10とリードした。このままジェッツペースで試合は進むかと思われたがビルズも第3QにTDをかえして20-14とすると、ジェッツに手痛いファンブルがでてしまい、拾ったボールをエンドゾーンまで運ばれてしまいビルズに逆転をきっしてしまった。
しかしこの日のジェッツは攻撃陣がするどく、TD、FGを連続して奪って再逆転、37-31で勝利をものにした。ジェッツではRBフォルテが3TDランを決めるなど絶好調であった。ドルフィンズとは第9週に対戦するが要注意人物である。
日本の楕円球のスポーツ、ラグビー・トップリーグ第4節、金曜日は親会社が事務機器メーカーでライバル関係にあるキャノンとリコーが対戦した。
こちらの試合もキャノンが後半立ち上がりのトライで一時期は8-20とリードするもののリコーの反撃にあい、25-20でリコーが大逆転で勝利をおさめた。
リコーの勝因は前半終了直前、後半終了直前に自陣ゴール前まで攻め込まれながらもその攻撃を無失点でおさえたことにあるように思える。
今日のトップリーグは残り試合が開催される。注目は東芝対ヤマハ、パナソニック対サントリーの2試合である。どちらのチームが勝利するのであろうか楽しみである。

by motokunnk | 2016-09-17 09:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/23493661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 東芝完敗のトップリーグ、全勝は... 岩隈16勝でマリナーズは8連勝... >>