人気ブログランキング |

NFL第4週異変発生、週末はラリー・スペイン、王座戦、きょう第3局

NFL第4週、今日MNFが行われるが、全勝チームがチーフス(今日の試合に勝利すればであるが)のみとなってしまった。開幕前から混戦といわれていたNFLだがここまで混戦とは思わなかった。
混戦の原因のひとつにはペイトリオッツがあげられると思う。ここまで2勝2敗の五分の成績であるが、今までほぼ無敗を誇っていた本拠地ジレット・スタジアムですでに2敗してしまっている。そして失点の多さも気にかかる。平均失点32点は大きい。攻撃陣は順調なだけに守備陣の立て直しが急務である。第5週はTNF、敵地で好調のバッカニアーズ戦、どんな試合をするか注目である。
毎年プレイオフ進出の常連となっているシーホークスも1勝2敗と出遅れ気味である。こちらも本拠地クウェスト・フィールドでは高い勝率を維持しているだけに第4週のコルツ戦は注目カードであった。
試合は最初の攻撃でFGをあげ先制したシーホークスであったが、第1Q終盤にセイフティで2点を献上、リードは1点となってしまった。どうも攻撃のリズムがよくないようだ。しかしシーホークス、守備陣が頑張り第2QにインターセプトでTDをあげ10-3とリードを拡げた。
しかし攻撃陣はヤードをかせげず、逆にコルツに連続してTDを決められ10-15と逆転されてしまい前半を終了した。
d0183174_09265929.jpg
ハーフタイムで攻撃陣の戦略を立て直したのか、後半早々の攻撃でQbウィルソンの30ヤードのTDランで逆転に成功すると昨年までのシーホークスが戻ってきたようにコルツの攻撃は守備が止め、シーホークスの攻撃はTDを奪う展開となり46-18で今季2勝目をあげた。地元で強いシーホークス面目躍如である。
さて週末木曜日からWRC第11戦ラリー・スペインが開催される。ラリーと言えばグラベルかターマーックラリーのどちらかであるがこのラリー・スペインはその両方が存在するラリーである。
初日のデイ1はグラベル中心のSSが行われ2日目以降はターマック中心のSSが行われるラリーである。両方で速さを魅せなければいけないラリーといえる。
トヨタチームは復帰初年度としては優勝2回はできすぎといえる好成績であり、ここラリー・スペインでも好走が見込まれる。個人的にはラトバラに負けない速さを魅せるラッピに注目したい。
d0183174_09270746.jpg
将棋の王座戦第3局が今日行われる。まさかの連敗で後がなくなってしまった羽生王座、果たしてどんな作戦でこの難局を乗り切るのだろうか。一方後の中村六段はあと1勝で初タイトルである。先手番だけにどんな戦い方をするのか注目だ。
この対局、もちろんネットで生中継である。楽しみに観戦することにしよう。

by motokunnk | 2017-10-03 09:29 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/25797656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 王座戦羽生王座初勝利、日本ハム... トップリーグ6節終了、悲願なら... >>