人気ブログランキング |

NFL第6週のTNF、大坂はベスト4ならず、箱根駅伝予選会など

NFL第6週のTNFが行われた。NFC東、北地区でそれぞれ4勝1敗で首位にたつイーグルスとパンサーズの試合である。両チームともこの試合に勝てば5勝1敗と、混戦を頭ひとつ抜け出すことができる重要な試合であった。
下馬評ではホーム開催のパンサーズが若干有利といわれていたがイーグルスが開始直後からランとパスをバランスよく組み合わせた攻撃でパンサーズ陣に攻め込んだ。ファンブルで一度攻撃権は失ったが、先制FGをあげ試合をリードした。
追加点のチャンスもあったが、攻撃陣、守備陣ともペナルティを再三犯してしまい得点を奪うことができなかった。一方のパンサーズもラン攻撃を完ぺきに封じ込まれてしまい(わずかにQBニュートンのスクランブルランのみ)、反撃のチャンスは少なかったが、そのニュートンが敵陣ゴール前攻撃で16ヤードのTDランを魅せ試合を逆転した。
d0183174_09004716.jpg
逆転したパンサーズであったが、イーグルスは落ち着いて攻撃をしかけ、QBニュートンのパスをインターセプトし、10-10の同点で前半を終了した。
後半にはいって早々、またインターセプトにより攻撃権を奪ったイーグルスがTD(2ポイントコンバージョン成功!)をあげ18-10と試合をリードした。その後はパンサーズが得点すると、すぐにイーグルスも得点をかえし、結局28-23でイーグルスが逃げ切った。
パンサーズにとって惜しかったのはQBニュートンの出来が今一歩だったことと、ラン攻撃を完ぺきに抑えられてしまったことだろう。第4Qラスト2分の攻撃で逆転のTDを狙った攻撃をしかけたが不発に終わってしまい、痛い敗戦をきっしてしまった。
香港テニス・オープン、前の試合でビーナスを撃破した大坂なおみは準々決勝でパブリウチェンコワと対戦した。この日の大坂は出入りの激しいテニスとなってしまい、3-6、3-6でストレートでパブリウチェンコワに屈してしまいベスト4進出はならなかった。
d0183174_09005515.jpg
若さが出た試合であったようだし、その若さが大坂の取柄でもある。メンタル面を充実して上を目指してほしい。
さて朝から関東地方は雨模様だが、箱根駅伝の予選会が今日行われる。國學院大學も予選会に出場するので近所にある大学だけに応援しようと思うが下馬評では予選突破有力とのこと、安心して観ることができそうだ。
またラグビートップリーグも第8節、モータースポーツではWEC富士6時間レース、MotoGP日本GP、そしてプロ野球はCSがはじまるなど週末はスポーツ満載となりそうだ。

by motokunnk | 2017-10-14 09:02 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/25870821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 混戦秋華賞、勝つのはラビットラン 新設侍ジャパンメンバー発表、藤... >>