最後のお仕事、竜王戦第4局はじまる

今朝の朝刊をみると、ポスティング制度が合意し早ければ12月2日から執行されるという。MLBの選手会の合意待ちであったそうだが、MLBではオーナー会議が開催され本格的にFA選手の獲得合戦が例年であればスタートするが今年はこの動きがない。その理由は大谷翔平獲得が各球団とも一番にすえているからだという。その結果、MLB選手会も合意して来月執行の動きとなったようだ。ただ大谷翔平に関しては契約交渉期間が21日に短縮されており、年内にMLBのどのチームに移籍するかが決定するという。
d0183174_08555908.jpg
どこに行くのか、早くも米国MLBファンの間では論戦がスタートしているようだ。そんな大谷翔平であるが昨日は日本ハム恒例となっている「北海道179市町村応援大使」の催しに参加した。大谷翔平は同じ投手の新垣勇人と月形町を担当しているが、相棒がウイルス性結膜炎のため急きょ不参加となり一人での活動となった。そのぶん、質問コーナーなどでMLBへの抱負などをファンの前で語っていた。その姿はもう心はMLBという思いであったようだ。26日に行われるファンフェスが日本ハムとして最後の活動の場となるのだろう。
将棋の竜王戦第4局が初開催地の新潟県三条市で今日開催される。前夜祭も盛大に行われたようで地元紙でも取り上げられていた。羽生棋聖が2勝1敗と一歩リードはしているが連勝の後は1敗しているのでどちらが勝利するかはわからない。
d0183174_08560964.jpg
対局開始は午前9時、果たして初手はどうであろうか、渡辺竜王の初手は飛車先、角道、それともその他の手なのだろうか。

[PR]
by motokunnk | 2017-11-23 08:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/26167846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 藤井四段先手番で初黒星、日本ハ... MNFはファルコンズ、藤井四段... >>