人気ブログランキング |

年末の風物詩、箱根駅伝まであと1週間

最近はスーパーでも年始の飾り物を売り出しているが、私が子どものころは、街に小屋ができて正月飾りや門松、しめ縄などを売っていた。
年末の風物詩、箱根駅伝まであと1週間_d0183174_10082209.jpg
毎年同じ場所に出店するので、小屋ができると年末がきたことを思い出す。今年もその小屋ができ、営業を開始している。ただ我家はしでのスーパーで買物を済ませたようで、鏡餅、しめ縄などが置かれている。
年末の風物詩、箱根駅伝まであと1週間_d0183174_10083106.jpg
さてNFLも残すところ後1週、プレイオフ進出を目指すチームも絞られてきた。まずAFCは既に4地区の地区油症が決まり、ワイルドカードでの進出2チームを4チームが争っている。
頭一つ抜け出しているのはレイブンズ、勝てばプレイオフ進出である。タイタンズも同様で勝てばプレイオフ進出だ。他力本願ながらチャージャーズ、ビルズにも進出のメはある。
年末の風物詩、箱根駅伝まであと1週間_d0183174_10080358.jpg
チャージャーズの場合、勝利することは大前提でタイタンズが敗れればプレイオフ進出となる。ビルズの場合はタイタンズ、チャージャーズが敗れれば進出できる。18年ぶりのプレイオフ進出はかなり厳しい状況だが果たしてどうなるのだろう。
NFCはいたって簡単である。3地区の優勝は決まり、残すは南地区だが、激戦区となっており、セインツ、パンサーズが同率首位(ワイルドカードでの進出は決定)で並んでいる。また3位につけるファルコンズも9勝をあげワイルドカードでの出場圏内である。
従って勝利すればプレイオフ進出が決まる。シーホークスはかすかにプレイオフ進出の可能性は残っているが、勝利が絶対条件である。勝利してファルコンズが負ければ進出が決まるがその可能性はあるのだろうか。
日本時間で言えば1月1日の朝、運命の試合が行われる。お正月といえば箱根駅伝が思い浮かぶ。来年はどの大学が優勝するのであろうか。青山学院大学は出雲、全日本と優勝できず、箱根での巻き返しを図っているようだ。東海大も出雲では優勝したが全日本では2位と優勝に手が届かなかった。
全日本で優勝した神奈川大学も選手層の問題から箱根は厳しそうである。なんだかんだでお正月の箱根駅伝も楽しそうだ。それと関東学生連合から東京大学のランナーが出場するという、1区での出場が予想されているそのランナー、近藤秀一は3年生で高校時代は駅伝ランナーとしてかなり有名だったそうだ。
年末の風物詩、箱根駅伝まであと1週間_d0183174_10081380.jpg
「大学で陸上を究(きわ)めて箱根路を走る、というのはひとつの目標。でも僕は勉強も究めたかった。その両方を達成するチャンスがあるのは東大だと思いました。だから浪人覚悟で東大を目指しました」と本人が語るように一浪して東大に合格し箱根駅伝に出場する機会を得た。1区でどんな走りをするのか見ものである。

by motokunnk | 2017-12-27 10:10 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/26272720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今年から2歳G1が3レース、そ... NFLプレイオフ進出チーム、大... >>