ラグビー日本選手権決勝、宮の森では女子W杯

ラグビー日本選手権決勝が午後2時から秩父宮競技場で開催される。昨年同様パナソニックとサントリーの対戦となった。今季はリーグ戦で1度対戦しており、そのときはパナソニックが勝っているが今回はどうであろうか。
準決勝をみると、パナソニックはトヨタ自動車相手に辛勝、サントリーはヤマハ相手に大勝と結果のみをみればサントリー優勢のように思える。
ただここまで圧勝続きだったパナソニックとしては接戦のゲームを体験できたことが決勝に向けてプラスとなるのではないだろうか。決勝には準決勝は大事を取って欠場していたSOバーンズが復帰する。WTB山田も注目だ。この選手、ボールへの嗅覚が抜群のようで、あれっという場所に山田がいるケースが多い。
d0183174_09003376.jpg
ピンチの場面でのセービングや、チャンスの場面でのトライなど、TVに登場する機会が多い選手だ。試合はどちらかのワンサイドとなる可能性は少なく接戦となるだろう。サントリーのアタックをどこまでパナソニックが守ってカウンターを仕掛けられるかが試合の分岐点となりそうだ。
d0183174_09004473.jpg
スキージャンプ女子W杯日本大会がはじまった。札幌大会は宮の森ジャンプ台でのノーマルヒルである。昨日練習を兼ねた予選が行われ、高梨沙羅がトップとなった。今季ドイツのアルトハイム、ノルウェーのルンビに後れをとっていた高梨だけに予選であっても両選手に勝ったことは今日の本番に向けての好材料である。
d0183174_09005165.jpg
一方、伊藤有希は予選は6位であった。距離が一人80m台と不調であったが、原因ははっきりしていると思われるので本番では彼女らしい大ジャンプを期待したい。日本選手では岩渕が予選5位と好調であるので、トップ10に4選手が入ることも十分期待できる。高梨のW杯通算54勝と日本人表彰台独占が観れれば最高なのだが。
第11回朝日杯将棋オープン戦の1回戦、準々決勝が今日と明日、名古屋で開催される。名古屋会場は2日間で8人の棋士が登場するが今日は羽生竜王が登場する。A級順位戦では連敗して5勝4敗となってしまった羽生竜王であるが、この早指し棋戦でどんな将棋を指してくれるのだろうか。
また明日は佐藤天彦名人、藤井聡太四段が登場する。ともに1回戦に勝利すると準々決勝では佐藤対藤井の対局が実現する。2日間ともネットで生中継されるので注目である。いずれも午前10時対局開始である。

[PR]
by motokunnk | 2018-01-13 09:02 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/26346099
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 強いの一言、サントリー連覇達成... 2018年WRCカー続々発表、... >>