杉田フルセット惜敗、日本ハムキャンプメンバー発表、マレーシア・マスターズ開幕

全豪オープン2回戦、杉田祐一は2回戦でカルロビッチと対戦した。4時間半に及ぶフルセットの大熱戦のすえ、惜敗してしまった。勝つチャンスはあったと思われるだけに残念な結果である。
d0183174_09340843.jpg
ただ、ビッグサーバー相手に50本以上のサービスエースを奪われながら食いついたことは今後に必ずつながると思う。次の試合を期待したい。これで全豪オープンの男子はすべて敗退、残るは女子の大坂なおみ、彼女は今日の2回戦に登場する。
日本ハムがアリゾナ州スコッツデールでの一軍キャンプメンバーを発表した。注目の清宮幸太郎は一軍メンバーとしてアリゾナキャンプに参加することとなった。日本ハムの高卒ルーキーが一軍キャンプに当初から参加するのは中田翔以来のことだそうだ。
ダルビッシュ、大谷も二軍スタートであったが、一軍と二軍キャンプが同じ沖縄で開催されていたので、とりあえず二軍スタートとも考えられるが、清宮の場合はアメリカと沖縄、距離が離れすぎているということもあり当初から首脳陣の目の届くところで調整させたいとの思惑もあるのかもしれない。いずれにしろ注目である。
また同じ日本ハムでは北海道移転15周年の節目を迎えるに当たり「ファイターズ誕生15thプロジェクト」の特設ホームパージを立ち上げた。スペシャルムービーやファンが選ぶベストゲーム、メモリアルプレーヤーなど盛りだくさんの内容となりそうな雰囲気だ。
d0183174_09342196.jpg
バドミントンのワールドツアーがはじまった。昨年までのスーパーシリーズが名称変更されワールドツアーとなったものだ。大会の格付け(SSやGPGなど)の名称も変わり、SSプレミアがSuper1000と750、SSがSuper500、GPGがSuper300、GPがSuper100となった。
1月16日からはじまったマレーシア・マスターズはSuper500に位置付けられ、日本代表が参加している。
男女シングルス、ダブルス、そして混合ダブルスに日本代表が参加しており、初のA代表となった大堀彩の1回戦は世界ランク6位の韓国・成池鉉であった。21-15、21-13のストレートで勝利して2回戦に進んだ。
d0183174_10022945.jpg
2回戦の相手はリー・イン・インである。

[PR]
by motokunnk | 2018-01-18 09:36 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/26361597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 大坂なおみ2年ぶり3回戦進出、... 大坂なおみも初戦突破、羽生竜王... >>