スーパーボウルは13年ぶりの顔合わせ、大坂はベスト8ならず

昨日午後、首都圏は4年ぶりとなる雪であった。夕方から夜にかけて本降りとなり、警報まででてしまった。今朝起きると一面の銀世界、今日は出歩くのをやめにしようかと思うような路の状況である。
さてNFLは両カンファレンスの決勝が開催された。まずAFCのチャンピオンシップが行われた。ペイトリオッツのQBブレディが練習で怪我をし、出場が危ぶまれたが右手首にバンデージが貼られているだけで大した怪我ではなかったようだった。試合はいきなりペイトリオッツのFGではじまったが、その後のジャガーズの攻撃は素晴らしかった。QBボートルスを軸に新人RBフォーネットのランを絡めた攻撃をペイトリオッツディフェンスが止めることができずに2TDを奪われてしまい、3-14と逆転されてしまった。しかしさすがにペイトリオッツ、前半終了間際にTDをかえして10-14で折り返した。
後半にはいってジャガーズの攻撃を止められるように修正してきたペイトリオッツであったがそれでも2本のFGを決められてしまった。またいい形で反撃を開始したのだが、RBルイスがファンブル、攻撃権を失ってしまうミスもでてしまった。
ペイトリオッツ危うしと思われたが、ジャガーズの攻撃を抑えたペイトリオッツはここからの反撃が素晴らしかった。QBブレディを中心にパスが立て続けに決まってジャガーズゴール前まですすみ、最後はWRアメンドーラへのパスで3点差に詰め寄った。
d0183174_10100469.jpg
d0183174_10102313.jpg
d0183174_10101411.jpg
そしてジャガーズの攻撃を食い止めたディフェンスも素晴らしかった。ジャガーズが自陣奥深くからのパントをフィールド中央付近でキャッチしたアメンドーラがそのまま走って見事なリターンを決め、敵陣30ヤード近くまで攻め込んだ。そして最後はTDパスをエンドゾーンでキャッチした。TEグロンコウスキーを脳震とうの疑いで第2Qに欠いてしまったペイトリオッツであったが、選手層の厚さでカバーして見事に10度目のAFCチャンピオンとなった。
NFCチャンピオンシップ、バイキングスが勝てばスーパーボウル史上初めて地元で戦えるチームとなるはずであった。そのバイキングスが敵地でイーグルスと対戦した。立ち上がりから強力ディフェンスを持つイーグルスに対して攻撃のバリエーションをかえながらバイキングスが攻め、先制のTDをあげた。バイキングスのペースで試合は進むのかと思っていたら、イーグルスディフェンスにビッグプレイがでた。バイキングスのQBキーナムがWRシーレンにパスを投じるも、イーグルスのCBロビンソンがインターセプト、味方の援護を得ながらフィールドを駆け回り、逆サイドに逃げてエンドゾーンに飛び込み、同店のTDをあげた。
d0183174_10103284.jpg
d0183174_10104098.jpg
このプレイで勢いづいたイーグルスは攻撃陣も奮起して第2Q早々に逆転のTDを奪った。14-7としたイーグルスはその後もテンポよく攻撃陣が機能して前半終了間際にもTD、さらにFGも追加して24-7で前半を終えた。
後半にはいってもイーグルスの勢いは止まらず、TDを追加して38-7でNFCチャンピオンを獲得した。13年ぶり3回目のチャンピオンである。
第52回スーパーボウルはペイトリオッツとイーグルスの試合となったが、これは13年前の対戦カードと同じである。そのときはペイトリオッツが勝ち、連覇を達成したが今回はどうなるのだろう。今回も連覇とあんるか、イーグルスが初制覇を決めるか、2月5日が楽しみになってきた。
全豪オープンの4回戦、大坂なおみは第1シードのハレプと対戦した。両者サービスゲームをキープしあってむかえた第6ゲーム、大坂は何度もブレイクポイントを握ったがことどこくハレプに阻まれキープされてしまった。第7ゲームは逆にブレイクされそのまま第1セットを3-6で失ってしまった。
d0183174_10104876.jpg
第2セット、いきなりのブレイクでいいスタートときったかに思えた大坂であったが、直後のサービスゲームをブレイクバックされ、第4ゲームも連続してブレイクされてしまった。結局2-6で第2セットも失い、大坂なおみの全豪オープンは終了した。ただ、これまでの試合を観ると、メンタルも含めて大きな成長を見せてくれたと思う。今後の活躍も大いに期待したい。
バドミントンは今日からインドネシア・マスターズ2018が開催される。女子シングルスには山口茜にかわって奥原希望が出場する。大堀彩ともどもどんな試合をしてくれるのか楽しみだ。

[PR]
by motokunnk | 2018-01-23 10:14 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/26377859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 侍ジャパン先行メンバー、錦織黒... 西本が準優勝、伊藤2位、トップ... >>