人気ブログランキング |

日本ハムサヨナラ勝ち、ラリー・メキシコ、サンウルブズ苦戦、高木美帆初優勝

プロ野球オープン戦、このところ3連敗と調子のあがらない日本ハム、ファーム施設の鎌ヶ谷球場で2年ぶりのオープン戦を開催した。試合相手はDeNAであった。新外国人投手のロドリゲスが先発した日本ハム、ローテーション候補だけに1回は三者凡退に打ち取ったが、2回は二死満塁とピンチを招いてしまった。このピンチを無失点で切り抜けると、その裏、一死から横尾がDeNA先発の石田からセンターオーバーの一発を放って日本ハムが先制した。
d0183174_09511991.jpg
しかしこの日のロドリゲスは制球がイマイチで4回、一死から連打で2、3塁のピンチを招いてしまい、逆転3ランをあびてしまった。しかしこの日の日本ハムはすぐに逆転した。その裏、近藤が安打で出塁すると新外国人選手のアルシアはエラーで出塁、中田は三振してしまったが、レアードがライナーで左翼席に打ち込み4-3と試合をひっくり返した。
5回にもエラーで出塁した中島卓也が盗塁、暴投で3進すると、西川がタイムリーで5点目、その西川も盗塁でチャンスを拡げると、近藤がレフトに2ランを放って7-3とリードを拡げた。4点差で終盤となり、連敗ストップも視野にはいったと思ったが、3番手の公文が乱調であった。確かに無死1塁からのエラーは痛かったが、その後連打、犠飛で一挙に4点を奪われ7-7の同点に追いつかれてしまった。試合はそのまますすみ、9回クローザー候補の田中豊樹がマウンドにあがった。しかし先頭の大和にヒット、その後暴投で2進、さらに暴投で無死3塁の大ピンチを招いてしまった。その後四球で無死2、3塁とピンチは拡大してしまった。中川のライトフライ、犠飛と思われたがライトの松本からの返球にランナーは自重した。結果的にこのプレイが大きかったと思う。侍ジャパンで結果を残した松本剛の肩を警戒したのかもしれない。
d0183174_09504294.jpgその後一死満塁までDeNAがチャンスを拡大したが、一塁ゴロ、三振で日本ハムがピンチを無失点で切り抜けた。
ピンチの後にはチャンスありの格言通り、9回裏に先頭打者が四球で出塁、バントで一死2塁、代打の切り札矢野が四球を選ぶと、打席には松本剛がたった。オープン戦はここまで無安打であったが、2球目を打つと打球はレフトスタンド一直線のサヨナラ3ランとなり、10-7で日本ハムがサヨナラ勝ちした。
日本ハムはロドリゲスこそ失点3であったが、2番手のルーキー西村は無失点、トンキン、田中豊樹も無失点と中継ぎ投手陣候補は好投を魅せた試合であった。
打撃陣は清宮こそオープン戦無安打であるが、キャンプ中はほとんど打ち込むができなかったことを考えると仕方ないこと、この日も横尾、レアード、近藤、そして松本剛が1発と好調である。今日はどんな試合をしてくれるのか楽しみである。
WRC第3戦ラリー・メキシコデイ2はラッピ、ラトラバがデイリタイアをきっしてしまったがタナックはオーバーヒートをかかえながらこの日は3位と好走した。
d0183174_09505986.jpg
しかしデイ3最初のSS11でタナックはトラブルにより脱落してしまった。再走したラトラバは現在9位、ラッピは12位となっている。トヨタ苦戦である。
スーパーラグビーのサンウルブズの第3戦は敵地でのシャークス戦であった。怪我人続出のサンウルブズ、敵地ということもあり、前半から守勢にまわってしまい、前半3トライを奪われ3-24とリードされてしまった。
d0183174_09510779.jpg
後半こそ最初にトライを奪い、期待をしてしまったがすぐにシャークスにトライを奪われ、結局22-50で大敗してしまった。次節は昨年の準優勝チームのライオンズ、またまた強敵との対戦であり連敗ストップは至難かと思う。
将棋の名人戦プレイオフ2回戦、豊島将之八段が佐藤康光九段を111手で下して3回戦進出を決めた。この将棋は佐藤九段の得意戦法「ダイレクト向かい飛車」に的確に対応し、中終盤も的確な指しまわしで見事に勝利した。
d0183174_09505099.jpg
一時期の不調がウソのような調子のよさ、広瀬章人八段との3回戦は12日、東京都渋谷区の将棋会館で指される。
スピードスケートの世界選手権、500mから5000mまでの4種目の総合得点で優勝を決める大会である。日本人選手としての初優勝に挑んだ高木美帆が見事に優勝を飾った。
初日の500mで39秒01の1位、3000mは4分19秒78の2位で前半2種目を終えて首位に立った高木美帆、2日目の1500mは1分58秒82で1位でトップを守り、最終種目の5000mも7分29秒93で4位ながら総合トップを守り抜き、オランダ選手をおさえて表彰台の真ん中に立つことに成功した。
d0183174_09503560.jpg
「お祭りのようなこの大会で勝てたことは、ずっと記憶に残ると思う。レース、大会を楽しめたことだけで幸せに感じるが、優勝できたのでうれしい気持ちでいっぱい。」とは高木美帆のレース後のコメント、平昌五輪後も調子落ちはなさそうで、今季を最高の形で締めくくったようだ。

by motokunnk | 2018-03-11 09:55 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/26555063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日本ハム連日のサヨナラならず、... 大谷まずまず、トヨタ、サンウル... >>