錦織まず1勝、大谷は明日先発

5月末の全仏オープンにむけてクレーコートでの大会に突入したATPテニス、錦織はATP1000・モンテカルロマスターズに出場した。
1回戦の相手は第12シードのベルディハであった。相性がいい相手ではあるが、休養中にランクは逆転しており油断は禁物の相手である。その相手に錦織はいきなりブレイクされてしまい、0-2と苦しい立ち上がりとなってしまった。
ブレイクバックしたのは第9ゲーム、これで4-5としたが第10ゲームをベルディハにふたたびブレイクされ、第1セットは4-6で落としてしまった。
d0183174_09121257.jpg
嫌なスタートとなった錦織、第2セットはお互いサービスキープをしてむかえた第5ゲーム、30-30からベルディハのダブルフォールトでブレイクチャンスをむかえた錦織がブレイクに成功し、3-2とリードした。ただ直後にメディカルタイムアウトを取るまでではなかったが、トレーナーを呼び、右手首付近をマッサージしてもらう姿がTVに映し出された。
ちょっと心配な錦織であったが、第6ゲームはわずか1分強のラブゲーム、あまり心配なさそうなのでほっと一息である。その後は錦織は相手サービスをブレイクして第2セットを6-2で奪い返すと、第3セットもその勢いは衰えず6-1でなんなく奪って2回戦に進出した。
2回戦の相手はロシアのメドベージェフである。手首の負傷がどの程度かが気にかかるが、頑張ってほしいものである。
杉田祐一の1回戦の相手はストルフ、試合は今日夜行われる。こちらも頑張って2回戦に進出してほしいと思う。
大谷翔平の次回登板は明日のレッドソックス戦に決まった。スライド登板でいくことがエンゼルスのソーシア監督から発表されたそうで、サイヤング賞左腕のプライスとの投げ合いとなりそうだ。
d0183174_09122299.jpg
そのプライス、前回登板ではヤンキースのマー君と投げ合っているので、2試合連続して日本人投手とのマッチアップとなりそうだ。
対戦相手のレッドソックスは開幕から9連勝を含む13勝2敗と絶好調でアリーグ東地区の首位である。打線も好調なだけに大谷翔平が強打のレッドソックス打線をどう抑えるかに注目であるとともに、こちらも好調なエンゼルス打線がどうプライスを攻略するかが見ものである。
トラウト、アプトン、プフォルスらの活躍に期待したい。明日11時7分開始の試合が待ち遠しい。

[PR]
by motokunnk | 2018-04-17 09:13 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/26669438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日本ハム快勝、清宮初ヒット、な... 3度目登板は極寒で中止 >>