人気ブログランキング |

WRCでトヨタ今季初勝利、週末はWEC

WRC第5戦ラリー・アルゼンティーナでトヨタチームは今季の初優勝を飾った。このラリタナックがデイ2からトップを快走して最終日はクルージングするかのような走行での圧勝であった。
d0183174_09052177.jpg
d0183174_09053012.jpg
ラッピもWRCでは初参戦のラリーであったがパンクに見舞われる不運もあったが8位入賞である。最終のパワーステージ、途中で原因不明のエンジンストールさえなければパワーステージでのトップタイムをマークできたと思えるような走りをしていただけにちょっと残念であった。
ラトラバはデイ2でサスペンションにダメージを受けて2戦連続してのリタイアとなってしまったが、それまでの走りを観ているとタナックとの首位争いも可能と思える出来栄えであった。
今季はタイトルを狙うと公言しているトヨタチーム、ようやく5戦目にして勝利をあげたが、ヤリスWRCの速さは際立っていると思う。それは1~5戦目に行われたSSのトップタイムを何回記録したかである。
トヨタヤリスWRCは5戦すべてで合計32回、トップタイムを記録、2位のヒュンダイの26回を上回っている。どうもラリー後半になるとトップタイムをマークしているようで、前半からトップタイムをまーくできた今回のラリーの勝因もそのあたりにあるのかもしれない。
次戦はラリー・ポルトガル、昨年はこのラリーからラッピが参戦し3台体制となっただけに今季は連勝目指して頑張ってほしい。
トヨタといえば今週末からWECが開幕する。今季のWECは変則開催となり、来年のルマン24時間レースまでのシリーズである。そしてLMP1クラスのワークス参戦はトヨタのみというちょっと寂しいレースとなってしまった。
ただLMP1クラスのレギュレーションも変更されたようで、ハイブリッド車についての規制がより厳しくなり、従来のLMP2クラスで参戦していたマシンのLMP1クラスでの参戦を有利にするような配慮がなされている。
d0183174_09053913.jpg
その中で行われる開幕戦、今季はアロンソが新加入してレースを戦うだけにどんな戦い、そして悲願のルマン制覇を成し遂げてくれるのだろうか、期待がかかるスパ6時間レースは週末に行われる。
日本ハムのドラフト7位で入団した宮台康平がファーム戦に先発し初勝利をあげた。過去3試合は救援登板で、この日は初先発であった。5回3安打1失点の堂々の内容に「生まれ育ったところ(神奈川)で勝ててうれしく思う」とコメント、今後は先発できる体力を養っていけるよう頑張るそうだ。
d0183174_09054662.jpg
そういえば清宮幸太郎が1軍登録され、明日の楽天戦でデビューするそうだ。近藤健介の登録抹消によるものではないだろうが1軍にあがったからには戦力としての活躍が期待されるだけにファームのようにホームラン連発といくだろうか、不安半分、期待半分である。

by motokunnk | 2018-05-01 09:08 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/26737577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 豊島八段、挑戦権獲得、大谷打者... WRC第5戦、大谷の一か月 >>