日本ハムカード勝越し、大谷は3勝目

GW最終戦、日本ハムの先発は加藤貴之、ロッテの先発は初登板のオルモスであった。両投手の明暗は初回であった。加藤はいきなり2塁打、犠牲バントで一死3塁のピンチを招くが、後続をおさえて無失点で切り抜けた。
一方のオルモスはいきなり西川に四球を与えてしまった。そして牽制が悪送球となり無死3塁となった。そして大田泰示の打席でワイルピッチで日本ハムノーヒットで先制である。大田泰示も四球を選び、出塁するとまたまたオルモスが牽制悪送球で無死3塁、アルシアは三振倒れたが、中田の犠飛で2点目をゲットした。その後、清宮、鶴岡、松本剛の内野安打で二死満塁とすると渡辺が四球を選んで4点目、そして中島卓も内野安打で4点目をあげた。会心の一打は皆無であったが、4内野安打で4点を先制した。2回以降、オルモスが立ち直ったことを考えると、1回の投球は何だったのかと思う乱調ぶりであった。
2回以降は淡々とした流れで両チームゼロ行進、6回にロッテが1点を返したが反撃もそこまで、日本ハムが終盤に追加点をあげ6-1で勝利した。
d0183174_10383635.jpeg
なかなかリズムにのれない日本ハムであるが、これで貯金は4となり、2位に進出した。とはいってもトップ西武とのゲーム差は6もあり、まだまだトップの座は遠いようだ。
エンゼルスの大谷翔平が今朝のマリナーズ戦に先発した。左足首捻挫の影響で12日ぶりのマウンドであった。マリナーズの先発はサイヤング投手のヘルナンデス、投手戦が予想された。
大谷は初回を三者凡退に打ち取りまずまずの立ち上がりであった。ヘルナンデスも初回は無失点とまずまずの投球であったが、2回、突如制球が定まらず、コザートに先制弾、一死後ヤングにも一発を打たれてしまった。大谷にとってはうれしい2点のプレゼントであった。
2回裏、クルーズを三振、シーガーに初安打をうたれたが、次打者を三振、その後四球で二死1、2塁としてしまったが遊ゴロで無失点におさえた。初先発では先制してもらった直後に逆転3ランをあびてしまっただけにちょっと心配ではあった。
d0183174_10384515.jpg
その後は両投手とも安定した投球で試合が進んでいった。勝利投手の権利がかかった5回、簡単に二死をとった大谷であったが、ラストバッターにヒットを打たれ、先頭打者にも連打され、1、3塁のピンチとなったが、3塁に進塁した走者がベースを離れた(滑り込んで一瞬離れてしまった)ときにタッチが成立したとしてチャレンジ制度が使われアウトとなった。
二死1、3塁とピンチが拡がった場面だけにおおきなチャレンジ成功であった。6回にはいり、あっという間に二死となったエンゼルスであったがヤングが降り逃げで出塁すると、リベラが2塁打を放って待望の追加点がはいった。その後ヘルナンデスが四球をだしたところで降板、リリーフからトラウトが値千金の3ランをうち、6-0と試合を決定づけた。
d0183174_10385455.jpg
大谷は7回もマウンドにあがったが突如制球が乱れてしまい四球のあと、一発を打たれてしまい、その後もストレートの四球をだしてマウンドをリリーフに託した。
今回はリリーフ陣(前回のアストロズ戦では逆転されてしまった)が踏ん張り、リベラの適時打もでて試合は8-2でエンゼルスが勝利し、大谷翔平が3勝目をあげた。バッテリーを組んだリベラは地元TVのインタビューで「オオタニは今日、素晴らしい投球を見せてくれた」と絶賛。「ゲームプランに沿って投げたよ。彼ら(マリナーズ)が良いチームだということは分かっていたからね。彼らに対して上手くプレーできたと思う。あらゆる球種を駆使したんだ。必要な場面で、スプリット、スライダーなどを使ったんだ。そして今日の彼の直球は良く制球できていたね。極めて優れた仕事をしてくれたよ」とコントロールの良さも評価した。
今日はストレートが約半数、スライダーの比率が多く、スプリットは10%に満たなかった。マリナーズにしてみればスプリットに狙いを絞っていたのかカーブ、スライダーに手こずる場面が多々あった。同地区のライバルに勝ち越したエンゼルス、単独首位となって次はロッキーズ戦である。大谷翔平、次はどんな活躍をしてくれるのだろうか、投打とも楽しみである。
そして今日は将棋の王座戦挑戦者決定トーナメント1回戦に藤井聡太六段が登場する。対局相手は屋敷九段、屋敷九段の先手ではじまった対局は角換わりの対局となっている。はたして藤井六段は勝ちあがることができるのだろうか、注目である。

[PR]
by motokunnk | 2018-05-07 10:41 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/26761270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 藤井六段王座戦ベスト8、錦織初戦敗退 大谷2試合連続マルチ安打、日本... >>