大谷圧巻マルチ、日本ハム延長を制す、サンウルブズ背水

エンゼルスの大谷翔平はアナハイムの地があっているのだろうか、地元でのツインズ戦に「5番・DH」で出場した。第1打席こそ三振に倒れたが、第2打席は3-0とリードした3回二死2塁のチャンスに右中間にタイムリーヒット、ライトの守備を観て2塁打とした。
d0183174_09241100.jpg
このときの2塁までの速さが8.07秒だそうで、これはメジャーでも最速の部類にはいるそうだ。足でも魅せる大谷翔平である。
試合は一旦、4-4の同点に追いつかれてしまったエンゼルスであったが、すぐに6-4と勝越し、そして7回二死から打席にたった大谷翔平、変則右腕の初球を中堅のロックパイル(人工岩と滝)左まで運んだ。
d0183174_09242373.jpeg
打った瞬間にわかる一発であった。これでホームランは5発、それもすべて地元での一発である。よほどアナハイムの球場との相性がいいのかもしれない。7-4でツインズに先勝したエンゼルス、今日の大谷はプホルスが休養のため4番・DHで出場予定である。
ツインズの先発は右腕のランス・リン、昨年まで2桁勝利を続けている投手だけに今季は不調だが侮れない投手である。
日本ハムはヤフオクドームに乗り込み、宿敵ソフトバンクとの3連戦、初戦の先発は高梨裕稔であった。いきなり初回に中田の2ランで先制してもらった高梨の調子はよさそうであった。
d0183174_09243597.jpeg
しかし3回に今宮にヒットを打たれ、続く中村に同点アーチをライトスタンドに運ばれてしまった。4回には内川にも一発をあび2-3と逆転を許してしまった。
打線は5回に大田泰示の逆転2ランで4-3と再び試合をリードするがソフトバンクも甲斐の一発で同点においついた。その後一死1、3塁とピンチを招いて柳田のフライはレフトに。清宮が取ったがタッチアップで3塁ランナーがホームを目指すと、さすがに清宮、ワンバウンドの送球で落ち着いてサードランナーをホームで刺し、プロ初の捕殺を記録した。
6回から試合は1点を争う好ゲームとなった。どちらかといえば、ソフトバンクが攻め、日本ハムが守るという試合であった。そして10回裏の一死満塁のピンチをしのいだ日本ハムが11回にレアードの一発で勝越し、玉井が1点を守り切って5-4で先勝した。
d0183174_09244919.jpeg
両チームとも得点はすべてホームランによるものであった。今日の第2戦、日本ハムの先発は有原航平、前回のソフトバンク戦では敗戦投手となっているだけにそのリベンジができるか注目だ。
そして今日はスーパーラグビーも開催され、サンウルブズが登場する。地元秩父宮競技場での試合は今季最終ゲームだそうで、9連敗をまだ勝星のないサンウルブズ、最後の一戦は背水の陣で勝利をつかみ取ってほしい。

[PR]
by motokunnk | 2018-05-12 09:27 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/26775515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< サンウルブズ初勝利、大谷試合前... 永世七冠祝賀会、大谷は敵地でも... >>