日本ハム連勝、錦織ベスト16、今日からWRC

エンゼルスの大谷翔平が2番・DHで出場したアストロズ戦、5回にヒットをはなったが、試合は3-5で逆転負けであった。7回まで先発の新人バリアが1失点の好投をしていたが、8回にリリーフ陣が打ちこまれてしまいまさかの逆転劇であった。アストロズ・先発のコールから2本塁打で3点をとってリードしていただけにエンゼルスにとって痛い逆転負けであった。そして今日のアストロズの先発はバーランダーである。MLB屈指の右腕にどうエンゼルス打線は対応するのであろう。この試合も大谷は2番・DHでの出場予定である。
前回は登板翌日にバーランダーが先発してので対戦はできなかったが、このMLBを代表する右腕に対してどんな打撃を魅せてくれるのだろう。
東京ドームで西武と対戦した日本ハムの先発は上沢、西武の先発は十亀であった。東京ドームの試合というと打撃戦のイメージが強いが、この試合も第1戦同様の投手戦となった。
特に西武の十亀は日本ハム打線にヒットを許さず、初ヒットを許したのは5回であった。一方の上沢もヒットは2、3回に打たれただけで中盤以降は出した走者は四球の一人と完璧なピッチングであった。
試合が動いたのは7回裏、先頭打者の清宮が大きなセンターフライを打ち、西武の秋山がライトの木村と交錯してしまい落球、無死三塁と絶好のチャンスとなった。このチャンスに西川がきっちり犠飛を打って日本ハムが1-0とリードした。
上沢はさすがに9回、連続ヒットで無死1、2塁のピンチを招いてしまったが、山川を三振、森を二ゴロ、そして外崎を投ゴロに打ち取り4年ぶりとなる完封を成し遂げた。
d0183174_09434786.jpeg
今季の上沢は投手陣の中でも一番安定しており、先発した試合はほぼ完ぺきに試合をつくっている。マルティネス、上沢、高梨そして有原、先発4本柱が確立したと思える日本ハム、首位と2.5ゲーム差となりいい形でゲームコントロールができそうだ。
ATP1000・イタリア国際の2回戦、大坂なおみは完敗してしまったが、錦織圭は逆転勝ちでベスト16に進出した。試合相手が過去3勝1敗のディミトロフであったことがよかったのかもしれないが、第1セットはうまくプレイすれば勝てていたセットであった。
第1セット先にブレイクした錦織は5-4とリードしてサービスキープすればいい場面をむかえたがここでブレイクされタイブレイクに持ち込まれてしまった。タイブレイクも4-2とリードしたもののここから5連続ポイントを奪われて第1セットを失ってしまった。
嫌な流れを断ち切り第2セットは両者サービスキープしてまたしても先にブレイクしたのは錦織であった。第7ゲームをブレイクしたものの第8ゲームをブレイクバックされ、6-5で迎えた第12ゲーム、0-40とブレイクのチャンスをむかえた錦織は30-40とディミトロフに粘られながらもこのゲームをブレイクして1-1でファイナルセットに勝負を持ち込んだ。
d0183174_09435630.jpg
ファイナルセット、先にブレイクを許した錦織であったが、第8ゲームをブレイクバックして追いつくと第10ゲームも連続ブレイクして6-4でこのセットを奪ってベスト16に進出した。3回戦のあいてはコールシュライバーである。
WRC第6戦のラリー・ポルトガルが今日からはじまる。第5戦のラリー・アルゼンティーナで今季初優勝を飾ったトヨタチーム、第5戦と同様のグラベルラリーとなる第6戦でも真価を発揮してくれそうである。
d0183174_09440316.jpg
事前テストも順調だったようで期待が持てそうだ。2戦連続してリタイアしているラトラバに今回は注目したい。ラトラバが走ってタナックをリードするそしてラッピが続く展開となれば最高であるが果たしてどうであろう。

[PR]
by motokunnk | 2018-05-17 09:45 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/26795978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 大谷完敗も収穫、羽生竜王紅組優... 日本ハム接戦を制す、大谷は2番... >>