大谷、地元で快音、日本ハム3連勝、ルマンテストデイ

大谷翔平が本拠地レンジャーズ戦に5番・DHで打者として5試合ぶりにスタメン出場し初回に2塁打を放った。14打席ぶりの快音であった。
試合はエンゼルスが6-0で勝利し連敗を2で止めた。14打席ぶりの安打ではあったが、遠征中もいい当たりは飛ばしていたのでそれほど気にはしていなかったがやはり安打が出るとホッとするものである。
d0183174_09085514.jpg
今日のレンジャーズ戦、先発は左腕のコール・ハメルズのため打順は6番・DHでの出場となる。ソーシア監督からやはり左腕ということで打順をシモンズと入れ替えたとコメントがあったそうだ。またそのとき次回の登板予定も順調にいけば6日のロイヤルズ戦と発表した。
オールスターのファン投票もはじまるMLB、投打の二刀流果たしてどんな活躍をしてくれるのだろうか。
プロ野球も交流戦にはいり、日本ハムが好調である。昨日の中日戦、先発のガルシアを攻め立て初回にいきなり3点をとった。しかし今季初先発の浦野が4回に同点に追いつかれてしまった。二死からの3連打による失点だっただけに防げた失点だったと思う。
5回に2番手公文が中日を三者凡退におさえると、その裏大田泰示が勝越しの11号ソロをレフトスタンドに打ち込むと、西村、宮西が6、7回を無失点におさえた。すると7回、あっさり二死となってしまったが、ここからレアード、中田翔に一発がでて6-3とすると横尾四球、杉谷2塁打、岡死球で二死満塁のチャンスをつくった。ここで途中出場の鶴岡が走者一掃の2塁打で9-3と6点差をつけ試合をほぼ決定づけた。
d0183174_09090230.jpeg
試合後のインタビュー、大田泰示、鶴岡の2選手が呼ばれたが、なんと鶴岡、今季に日本ハムに復帰して札幌ドームでは初打点だったそうだ。
開幕3連敗と最悪のスタートをきった日本ハムであったが、気がつけばゲーム差なしの2位である。今日の試合の結果如何では待望の首位の可能性もある。今の時期、順位は関係ないがこの時期に首位にたてるとは思いも寄らなかった。今日の試合も注目である。
6月のモータースポーツはルマン24時間レースである。3日はルマンテストデイが開催され、実際のレースコースがオープンされ練習が行われる。トヨタチームとしても悲願達成にむけ、準備万端のようである。
2台がトラブルフリーで完走さえすれば結果はついてくると思うので、まずは完走目指し、そのための準備走行と位置付けてテストデイを有意義に活用してほしい。

[PR]
by motokunnk | 2018-06-03 09:11 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/26853818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 錦織ベスト16止まり、ルマンテ... 七段初戦も勝利、日本ハム、錦織快勝 >>