大谷2度目のマメ、日本ハム快勝、WRCはじまる

エンゼルスの大谷翔平がロイヤルズ戦に5勝目をかけて先発した。初回いきなり安打と四球で一死1、2塁のピンチをつくってしまったが併殺に切り抜けた。
その後もランナーはだすものの無失点でおさえていたが4回に四球をだし、ワイルドピッチで二死2塁となってしまった。ここでタイムリーを打たれて2試合連続して先制点を奪われてしまった。
その後連続四球を出し、二死満塁としてしまったが、ここは三振で切り抜け事なきを得た。しかし5回にマウンドにあがるとソーシア監督が遅れて登場し、右手指を確認し降板を告げた。また中指にマメをつくっての降板のようであった。
d0183174_09183705.jpg
大谷翔平、普段とは違い悔しさを表現しての降板であった。この試合3回は三者凡退で切り抜け、制球も低めにきていたが、4回にはいって急に制球が乱れる場面が多々あった。このころからマメの影響がでていたのではないかと思う。ソーシア監督のコメント(大谷は試合後のインタビューもなかった)によれば前回のレッドソックス戦の時ほどではなく投げようと思えば投げられる程度であったそうだ。
アクシデントで降板してしまったが、試合はエンゼルスが逆転して4-3で勝利、これで4連勝となった。地元で勝ちだしたエンゼルス、先発投手陣も好調な投手が多くなりそうな気配もあり、上位2チームを追撃する体制ができつつあるようだ。
前日の試合で逆転サヨナラ負けをしてしまった日本ハム、先発マルティネスでなんとしても勝つことが命題であった。その試合、先制したのは日本ハムであった。広島の先発・中村(祐)を攻め、3回一死から西川の四球から安打、四球で一死満塁のチャンスをつくった。ここで中田翔が2試合連続のタイムリーで2点を先制した。前日の試合も先制したのは日本ハムであったが、追加点はとれなかったのが敗因でもあった。
中田の先制に続き、レアードが3ランで追加点を奪った。これで5-0である。マルティネスが投げていることを考えると十分なリード思えたが、ビッグイニングはまだまだ続き、四球、安打で一死1、2塁として今度は中島(卓)が1塁線を抜くタイムリー3塁打を放って7-0としてほぼ試合を決定づけた。
大量リードに守られながらマルティネスは7回のマウンドにあがったが、ここで連打を打たれてしまい、二死2、3塁のピンチで降板、後は公文がしっかりおさえ、8回は宮西、そして9回はトンキンがおさえて8-4で広島に快勝した。
d0183174_09184667.jpeg
交流戦、今年はセリーグチームがそこそこ善戦しているようで、3カード終了してなんとヤクルトが単独トップにたっている。4カード目は横浜DeNA戦の日本ハム、今日は高梨裕稔が先発予定である。いいピッチングを魅せてくれているだけに横浜でその再現をしてほしいものだ。
WRC第7戦ラリー・イタリア サルディニアがはじまった。トヨタチームにとっては昨年2位を獲得したラリーでもあり、今年も期待が持てるラリーである。デイ1は夜間のSS1本のみでトヨタチーム3台はノートラブルでそれぞれの役割を終えた。
d0183174_09185476.jpg
ラッピが6位とトヨタ勢の中での最上位であったが、シェイクダウンではラトラバがトップタイムをマークするなど、1、3、4位と好タイムをマークしている。いよいよデイ2から本格スタートするラリー・イタリア、トヨタチームの活躍に期待したい。

[PR]
by motokunnk | 2018-06-08 09:20 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/26879841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 大谷DL入り、WRC、そしてラ... ヒーニーがチーム初完封、豊島八段先勝 >>