人気ブログランキング |

ドローで一歩前進の日本代表。藤井七段は竜王戦T登場

サッカーW杯ロシア2018、グループHの日本代表はセネガル代表と対戦した。この試合に勝つと、決勝トーナメント進出がほぼ確実となる大一番であった。
日本代表は第1戦のコロンビア代表戦と同じ先発メンバーでこのセネガル戦に臨んだ。立ち上がりからセネガルの速さにディフェンスがよく対応して決定機をつくらせなかったが、日本代表は守備にかける時間が多かった。
そして11分、GK川島がパンチングでシュートをはじいたボールがセネガルMFマネの足にあたってゴールネットを揺らしてしまった。日本代表にとっては悔やまれる失点であった。その後もセネガルに攻撃をしかけられた日本代表であったが、34分に一瞬のスキを突きロングパスが前線のDF長友におくられ、そこからMF乾にわたってシュートが決まり、1-1の同点に追いついた。
d0183174_09154919.jpg
息を吹き返した日本代表、ここから互角の戦いがはじまった。互角の戦いは後半にはいっても続き、どちらかといえばボランチ長谷部を起点とした日本代表が押しているようにも思えた。しかし勝ち越しゴールをあげたのはセネガルであった。後半20分過ぎに日本ゴール前にせまったセネガル代表はノーマークとなった選手にパスが通ってのゴールであった。これで再度リードされた日本代表は27分に香川→本田、30分に原口→岡崎とメンバー交替を行い、同店ゴールを奪う作戦を実行した。その成果が直後にでた。33分にゴール前、ノーマークのポジションに入り込んだMF本田にパスがわたり、ほぼ無人のゴールに同点シュートが炸裂した。
その後は一進一退の攻防が続いて、結局試合は2-2のドローとなったが、日本代表にしてみれば明らかにコロンビア戦とは動きが俊敏となり勝てる試合であったと思う。ただ引き分けで勝点1を加えた日本代表、グループ突破に一歩前進である。引き続き行われたポーランド対コロンビア戦はコロンビアが3-0の大差でポーランドを破ってグループ突破に踏みとどまった。
この結果、日本代表は最終ポーランド戦に勝つか引き分ければグループ突破が決まる。万一敗戦しても得失点差でグループ突破の可能性もあるがここはすっきり勝利してグループ1位通過を決めてほしいものである。
将棋の藤井聡太七段がこのところ連日ネットに登場している。22日は王座戦の決勝トーナメントで深浦康市九段に勝つと、23日は羽生善治竜王(永世七冠)の着想から生まれた新番組『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』に登場した。ここでも近藤五段、橋本八段に勝利して予選を1位通過して決勝トーナメントに進出した。そして今日は第31期竜王戦決勝トーナメント1回戦で都成竜馬五段と対局する。午前10時からの対局はネットで生中継されるので楽しみである。

by motokunnk | 2018-06-25 09:18 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/26939424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< オールスターファン投票結果、藤... 日本代表勝利、日本ハムは苦手を... >>