人気ブログランキング |

群雄割拠の将棋界

将棋界は8つのタイトル戦があるが、その8つのタイトルホルダーがすべて別の棋士が保有している。このことは31年ぶりのことだそうで、将棋界も群雄割拠の時代に突入してかのように思える。
d0183174_13194738.jpg
今までは羽生善治竜王が二冠以上を保持していた時代が長かったが、その羽生竜王が棋聖位を豊島将之八段に奪取されてしまった。
タイトル100期獲得まであと1つと迫っている羽生竜王であるが、このまま99期で終わってしまうことも十分考えられるこのことろの不調である。
その羽生竜王から棋聖位を奪取した豊島棋聖、現在王位戦の真っ最中である。昨日の第2局、菅井王位を105手で破って1勝1敗のタイに持ち込んだ。このところの豊島棋聖、勝ちまくっているような印象を受ける。
d0183174_13195815.jpg
6回目のタイトル挑戦で初タイトルをゲットした勢いで王位戦でもタイトルを奪取してしまう勢いを感じる。
将棋界、藤井聡太七段にばかりスポットライトが当たっているが豊島棋聖を筆頭に、菅井王位、中村王座など若手棋士にもスポットライトをあてて将棋界を盛り上げていってほしいものだ。

by motokunnk | 2018-07-26 13:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27009338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< WRC第8戦はじまる、岡トレー... 大谷特大HR、有原3連勝ならず >>