人気ブログランキング |

大谷快速披露、日大三高16強入り、日本ハム若手が活躍

2試合連続してベンチスタートとなった大谷翔平、6-3とリードした9回に無死1塁で代打登場した。パドレスのリリーフ投手がコントロールが定まらず、ストレートの四球を選んで出塁した。
d0183174_11055663.jpg
そして次打者の初球に盗塁し、無死2、3塁とチャンスを拡大、エンゼルスの勝利に貢献した。大谷翔平これで今季6盗塁目である。また投手としてもブルペンで打者を立たせてのピッチングを行ったそうで、投手としての復帰も秒読み段階となってきたようだ。
夏の全国高校野球選手権、日大三高が登場した。ただ先発は2年生の井上であった。なんと夏の東京都予選でも投げておらず、いきなりの本番初先発である。ただその速球は折り紙付きだそうで、TVで観る限りではあったが150kmもだすなど投手としては一級品のようだ。
d0183174_11060598.jpg
打線も初回に2点を先制すると3、6回にも追加点をあげて奈良大付属を圧倒して8-4で3回戦に進出した。東京勢としては記念の300勝目だそうだ。今年の日大三高、強そうである。
日本ハムは1番に起用された浅間の活躍で連敗を阻止しロッテに快勝した。3回に2ランをはなった浅間であるが、今季は故障から出遅れてしまい、オールスター明けから一軍合流し、この日が初の1番起用であった。
その起用に応えるあたりは能力の非凡さを感じさせる。同時に渡邉諒も貴重な追加点をあげる一発を打った。栗山監督が辛抱強く起用していることに報いる形となり西武のあとを追走する形となった。
d0183174_11061448.jpeg
今日はロッテから移籍した藤岡貴裕が今季初先発の予定である。素質は高いだけにどんなピッチングを披露してくれるのか期待したい。

by motokunnk | 2018-08-16 11:07 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27056347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< WRC第9戦、錦織2回戦で敗戦... 錦織圭、大谷翔平、そして有原航平 >>