人気ブログランキング |

大谷マルチで3割目前、ジャパンオープン、ラリートルコ、王位戦予選

エンゼルスの大谷翔平、連続試合安打が8で途切れてしまったが、この日も4番DHで出場し、快音を響かせていた。2-0とリードしてむかえた第2打席二死無走者からライトフェンス直撃の2塁打を放って出塁すると後続に連打が出て一挙4点をとるビッグイニングとなるった。
d0183174_09100881.jpg
大谷は7回にもライト前ヒットを放ち、今季20度目となるマルト安打を記録、打率も2割9分5厘となり3割復帰も夢ではなくなった。エンゼルスは今日からマリナーズ3連戦、大谷は4番DHで出場予定である。果たして20号はでるのだろうか、期待してTV観戦することにしよう。
バドミントンのジャパンオープン2回戦が行われ各種目のベスト8が決まった。シングルス男子は桃田賢斗が順当に勝ち上がりベスト8進出である。
d0183174_09101757.jpg
準々決勝ではバドミントンをはじめたころからのあこがれの存在と話す中国のリン・ダンとの試合、「優勝するためには超えなければいけない相手。コートに入ったらあこがれを捨てて勝ちにいく」と決意を話していた。
一方シングルス女子は第1シードのタイ・ツーイン、第3シードのプルサラ・V・シンドゥがそろって中国の若手選手に敗れてしまう波乱があった。
d0183174_09102600.jpg
そんな中で大堀彩は格下のインドネシア選手を破ってベスト8に進出した。準々決勝の相手はプルサラ・V・シンドゥを破った中国のガオ・ファンジェである。過去1度対戦して勝っているだけに勝利を期待したい。
2回戦からの登場となった混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗ペアは、香港のエースでアジア大会銀メダルのタン・チュンマン/ツェ・イエンスェットペアと激突。第1ゲームを21-14で先制した渡辺/東野ペアだったが、第2ゲームは112オールから先に抜け出されて1-1のイーブンにされてしまった。
d0183174_09103585.jpg
最終ゲームは終始リードを保った渡辺/東野ペアが終盤に振り切って勝利。準々決勝に駒を進めた。準々決勝は保木卓朗/小林優吾ペアている。との日本人対決となった。
2010年以来のWRC開催となる第10戦ラリー・トルコは16日の午前中に、サービスパークが置かれるマルマリスのアスパラン近くのグラベルコースでシェイクダウンが行なわれ、ラトバラが3番手タイム、タナックが4番手タイム、そしてラッピが6番手タイムをマークし順調さをアピールした。
そして夜に行われたSS1ではタナックが3番手タイム、ラッピ7番手、ラトラバ9番手と3台そろってベスト10内からの発進となった。ラリーは金曜日からが本番、どんな走りを魅せてくれるか楽しみだ。
d0183174_09104297.jpg
世界王者フォードのセバスチャン・オジエは珍しくミスを犯し、ジャンプの際、ノーズから着地、その後に続くジャンクションを曲がり切れずに、コースサイドのバリアに引っかけて7.5秒をロスし12位と出遅れてしまった。
将棋の第60期王位戦予選、藤井聡太七段が登場し山崎隆之八段と対局する。山崎八段は先のNHK杯の優勝者でもあり王座にも1期なっている実力者である。初手合いとなる今回、どんな将棋を魅せてくれるのか楽しみである。
外は雨模様、ネット中継されるのでネット観戦することにしようと思う。

by motokunnk | 2018-09-14 09:13 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27106429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 大堀ベスト4、トヨタ4位挽回、... 大谷マルチ安打、豊島棋聖五分で... >>