人気ブログランキング |

ドルフィンズ連勝、日本ハム連敗脱出、藤井七段連敗ストップ

NFL第2節、MNFのシーホークス対ベアーズの試合を残してはいるがその他の試合は終了した。ドルフィンズは同地区のジェッツとの対戦であった。
NFLは同地区の3チームとは2試合(ホーム&アウェイ)戦うことになっており、その1試合である。敵地での試合であったが前半からドルフィンズは頑張り、インターセプトからチャンスをつくってTDで先制すると第2QにはQBタネヒルが2本のTDパスを成功させ20-0とリードした。
d0183174_10534373.jpg
後半こそ無得点に終わったがジェッツの反撃を12点に抑え、20-12で快勝、開幕2連勝を飾った。QBタネヒルもこの試合はインターセプトはゼロと頑張り、レーティングも120点台とQBとしては合格点以上の出来であった。このまま連勝できるか注目だ。
オリックスとの4連戦、1勝2敗と負け越している日本ハムは上沢が先発した。連敗ストップを目指した上沢であったが3回、6回に失点してしまい0-2と劣勢に追い込まれてしまった。
しかし日本ハムは6回裏、中島卓のヒットからチャンスをつくり、一死1、2塁から近藤のタイムリーで1点をかえして一死1、3塁と同点のチャンス。ここで中田が逆転の2塁打をはなって3-2と試合をリードした。
そして8回からは宮西が登板し、三者凡退に打ち取った。これで今季39ホールドポイントをあげ、通算324ホールドポイントとなった。これで巨人・山口の持つプロ野球記録に並び、今季中に新記録達成の可能性が膨らむこととなった。
d0183174_10535313.jpeg
9回は守護神となった石川直也が登板、前回の登板では2失点してしまったがこの日はヒットは打たれたが無失点におさえて14セーブ目をあげ連敗を2で止め、今日からの西武戦に挑むこととなった。
石川直也、これで9月は6試合に登板して5セーブ(1試合は4点差のためセーブはつかなかった!)と好調である。このまま勝ち試合の9回は石川に任せられれば奇跡の大逆転もひょっとするとあり得るかもしれない。
将棋の藤井聡太七段が第4期叡王戦段位別予選七段戦の準決勝で小林裕士七段と対局した。勝利すれば決勝進出となる対局であったが小林七段優勢で終盤をむかえることとなってしまった。敗戦が決まればプロ入り初の3連敗とところであったが最後に大逆転、勝利をものにした。
午後7時から行われた決勝戦、千葉幸生七段との対局も終盤までは互角の一局となった。終盤で1分将棋となってしまった千葉七段に対して10分近くあった残り時間をうまく活用した藤井七段が徐々にではあるが盤面を有利にすすめていき勝ちにつなげた。
d0183174_10540575.jpg
第4期叡王戦は2年連続しての決勝トーナメント進出である。この日の2勝で今季の成績は20勝5敗となった。プロ通算81勝となり100勝がみえてきた。

by motokunnk | 2018-09-18 10:55 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27113617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 稀勢の里勝ち越し、中国オープン... 大谷20号、桃田初優勝、トヨタ... >>