人気ブログランキング |

大谷1安打、中国オープン2日目、大坂は初戦突破

大谷翔平が左腕から技ありヒットで勝利に貢献した。エンゼルスの大谷翔平は敵地でのアスレチックス戦に先発出場し、第1打席は四球を選んで出塁、2打席目はレフトフライに倒れた。
そして1-4で迎えた6回の第3打席、ワンポイントで左腕を投入したアスレチックスに対して2-2から三遊間をやぶるヒットで満塁にとしチャンスを拡げた。見事なレフトへの打撃であった。
d0183174_09582458.jpg
日本ハム時代から左腕を苦手にはしていなかった大谷翔平、メジャーでもようやく左腕投手攻略の糸口をつかんだような打撃であった。この後エンゼルスは満塁ホームランなどで一気に逆転して9-7で勝利した。ポストシーズン進出の望みはなくなったが勝率5割確保を目指して頑張ってほしい。
バドミントンの中国オープン2日目、桃田賢斗はフランス選手を2-0のストレートでくだして2回戦に進出した。
d0183174_09583329.jpg
ジャパンオープン優勝の福島由紀/廣田彩花ペアはインドネシアペアに大苦戦であった。1-1のファイナルゲームも先にマッチポイントを握られてしまった。デュースに持ち込んだものの一進一退の攻防となり26-24でからくも勝利、2回戦に進出した。一方で男子ダブルスは井上拓斗/金子祐樹ペアも敗れてしまい、2回戦進出ペアはなしとなってしまった。
そして女子シングルスでは世界ランク1位のタイ・ツーインが中国のガオ・ファンジェ(先週のジャパンオープンで大堀彩が破った相手である!)に敗れる波乱があった。ジャパンオープンでも中国選手に敗れているタイ・ツーイン、相性が悪いのだろうか。3日目は2回戦が行われ、大堀彩は山口茜との対戦である。ワールドツアーでは2連敗中ではあるが、ここ数戦の出来を観る限りでは十分勝機はありそうだ。注目したい一戦である。
全米オープン優勝からの凱旋試合となったパシフィック・オープン、2回戦から登場した大坂なおみは貫禄を魅せつけた。チブルコバ相手にサービスエースを10本奪って6-2、6-1の圧勝であった。
d0183174_09584772.jpg
焦らず落ち着いてプレイする大坂なおみを観ているとこの人を負かす選手はいないのではないかと思ってしまう。それほどの強さを感じさせる大坂なおみであった。

by motokunnk | 2018-09-20 10:01 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27117386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 中国オープン3日目、清宮5号ホ... 稀勢の里勝ち越し、中国オープン... >>