人気ブログランキング |

藤井七段先勝、錦織辛勝、矢野引退セレモニー

将棋の第49期新人王戦決勝三番勝負がはじまった藤井聡太七段が2度目の棋戦優勝なるか、また対戦相手の出口若武三段が奨励会棋士として二人目の優勝なるか注目の一戦である。
d0183174_10023650.jpg
d0183174_10024619.jpg
将棋は互角のまま66手目9九角成から藤井七段が優勢になり、122手目に出口三段が投了し藤井七段が新人王に王手をかけた。
第二局目は10月17日に行われる。藤井七段が連勝して新人王戦優勝なるか注目である。
ATP1000・上海オープンがはじまり2回戦に錦織圭が登場した。相手は地元のウー・イービンであった。
第1セット、先にブレイクした錦織であったが、直後のサービスゲームをブレイクバックされ嫌な流れとなってしまい、結局3-6でこのセットを失ってしまった。第2セットにはいると錦織は戦術をたて、ウー・イービンのリズムにあわせるのではなく、自身で緩急のリズムをつくりウー・イービンを圧倒、連続してゲームを連取、6-0でこのセットを奪い、勝負を最終セットに持ち込んだ。
d0183174_10025665.jpg
そして第3セット、互いにサービスをキープした第6ゲーム、ウー・イービンのサービスをブレイクした錦織がリードし6-3でこのセットを奪って3回戦に進出した。錦織にとって格下相手にちょっと焦った試合となってしまったが、苦戦したことで慎重さが増したことは今後にプラスになるのではないかと思う。
日本ハムペナントレース最後の2戦が札幌ドームで開催された。試合後に矢野謙次引退セレモニーがあるとあって満員の観衆が詰めかけた中、ロッテ相手に5-4で勝利した。
試合後矢野の引退セレモニーが行われ、スクリーンには巨人時代のチームメイトからも引退にあたってのコメントも放映され人気の高さが証明された。
d0183174_10030677.jpg
代打一本で引退セレモニーが行われる選手は異例のこと、このことからも矢野選手の目に見えない功績が日本ハムに評価されたと思われる。

by motokunnk | 2018-10-11 10:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27155627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日本ハム全日程終了、錦織8強、... ドルフィンズ連敗、青山学院圧勝 >>