将棋の世界、MLBそしてバドミントン

藤井聡太七段の登場で将棋に注目が集まっている。若手棋士も台頭してきており、タイトル戦で若手棋士同士が争う場面もでている。
王座戦もその一つで、今まで羽生竜王が独占していたタイトルを昨年中村太地七段が奪取し、初防衛戦をむかえた。中村王座に挑戦するのは斎藤慎太郎七段である。
斎藤七段も若手の伸び盛り棋士の一人で、タイトル戦は2度目、2度目とあってこの王座戦は2連勝して王座奪取まであと1勝となっていた。第3局を中村王座が勝利してむかえた第4局が昨日行われた。激戦の結果137手で中村王座が勝利し、タイトルの行方は最終第5局まで持ち越されることとなった。
d0183174_08565253.jpg
先の王位戦といい、この王座戦も若手棋士のタイトル戦は見ごたえがある一局が多い。そして今日は新人王戦の第2局である。タイトル戦ではないが藤井七段が棋戦2勝目をあげるかどうかに注目が集まる。
MLBプレイオフはリーグチャンピオン決定シリーズの真っ最中である。個人的には日本ハムの兄弟がいるブルワーズに注目している。そのアルシア、昨日もいいところで一発を放っており、好調のようだ。
アリーグはアストロズ、大谷が所属するエンゼルズの同地区チームである。そのためよくTV観戦するので親しみが増してきてしまった。こちらは昨年のワールドチャンピオンだけに連覇なるか、その意味でも注目だ。
バドミントンのデンマークオープンがはじまった。注目している大堀彩は初戦敗退となってしまった。期待していただけにちょっと残念である。
参考URL → 決着はフルセットへ・写真転載サイト
参考URL → MLBプレイオフ
参考URL → デンマークオープン初日
[PR]
by motokunnk | 2018-10-17 08:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27168905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 藤井七段、2個目の棋戦優勝、C... ドルフィンズ連敗ストップ、ブレ... >>