人気ブログランキング | 話題のタグを見る

藤井七段連勝、錦織、ソフトバンク勝利

将棋の第90期棋聖戦1次予選準決勝と決勝が行われた。藤井聡太七段は午前中に行われた準決勝に出場し村田顕弘六段と対局した。
互角の熱戦となったが、終盤にかけて優勢となった藤井七段が101手で勝利し、午後の今泉健司四段との決勝にコマをすすめた。
藤井七段連勝、錦織、ソフトバンク勝利_d0183174_09224313.jpg
今泉四段とは先のNHK杯で負けているだけにリベンジできるかどうか注目の一局であった。将棋は居飛車穴熊の戦形をとった藤井七段が玉の堅さを武器に攻勢を強めて107手で勝利、NHK杯のリベンジを果たし二次予選進出を決めた。
藤井七段連勝、錦織、ソフトバンク勝利_d0183174_09225213.jpg
藤井七段連勝、錦織、ソフトバンク勝利_d0183174_09234548.jpg
デビュー以来の通算成績は97勝17敗、通算100勝まであと3勝に迫るとともに今季も勝率1位、対局数、勝数、連勝数なども上位につける活躍をしている。
11日から開催されるATPファイナルズ出場権獲得を目指してATP1000パリマスターズがはじまり、錦織圭が2回戦に出場した。地元のマナリノとの対戦であった。
第1セットはお互いにサービスゲームをキープする展開とあんった。ただ錦織のサービスゲームでは3ゲーム連続してデュースとなるなど安定感が若干欠ける展開ではあったがブレイクポイントを許さない展開ではあった。
そしてタイブレイクの予感が感じられた第11ゲーム、錦織がブレイクチャンスを握り、最初のブレイクポイントを奪取して6-5とリードした。そして第12ゲームも錦織は落ち着いてサービスゲームをキープしてこのセットを奪った。
第2セットにはいると、錦織のサービスゲームは安定し、デュースまで持ち込まれることは少なくなり、第7ゲームをブレイクして6-4でこのセットも奪って2-0のストレートで3回戦進出を決めた。
藤井七段連勝、錦織、ソフトバンク勝利_d0183174_09235424.jpg
3回戦の相手は先週決勝で敗れたアンダーソン、果たしてリベンジできるだろうか注目である。
プロ野球日本シリーズ第4戦が行われた。1勝1敗1分と互角の展開でむかえた第4戦である。ソフトバンクにとって明るい材料は地元で開催する日本シリーズは10連勝中と負けなしであることであった。
そのジンクスはいきているようで、初回一死1塁から広島・丸の右中間を破る2塁打で生還を狙ったランナー菊池をアウトにした連携プレイは見事であった。
3回裏二死から甲斐が初ヒットで出塁すると、日本シリーズは不調であった上林が会心の先制2ランを放って2-0とソフトバンクが先制した。上林にとって不振脱出を感じさせる一発であった。
藤井七段連勝、錦織、ソフトバンク勝利_d0183174_09240384.jpg
広島も鈴木の3号ソロで反撃するが、直後にデスパイネのソロで追加点をあげるなどこの日のソフトバンクは投打が連携し、4-1で広島を封じて2勝目をあげた。
第5戦の先発予定は第1戦と同じソフトバンク・千賀、広島・大瀬良である。ソフトバンクが勝利しシリーズ制覇に王手をかけるか注目の第5戦である。
そして将棋の竜王戦第3局が今日からはじまる。2連勝してタイトル通算100期獲得を目指す羽生竜王がどのような将棋を指すか注目の一番である。

by motokunnk | 2018-11-01 09:26 | 日記
<< 竜王戦第3局、ソフトバンク王手... NFL第8週、第3戦は乱戦、新... >>