人気ブログランキング |

侍ジャパン逆転サヨナラ、中国オープン、カーリングも決勝へ

日米野球の開幕戦が東京ドームで開催された。初戦とあって侍ジャパンもMLBオールスターも手探り状態であったが、まず先手をとったのがMLBオールスターであった。やはりパワーの差は歴然としているようで、2回に8番バッターにホームランを打たれてしまった。
直後に内野ゴロで同点にしたものの5回に3ラン、そしてすぐに同点に追いついたものの6回に勝越し2ランとMLBオールスターの得点はすべてホームランによるものであった。
そして4-6でむかえた最終回にドラマがあった。一死から代打上林が中前ヒットで出塁した。稲葉ジャパンで記憶に残る一発を打った上林、なにかを持っているようである。その後、盗塁で二死2塁となり、代打会沢の中前タイムリーで5-6に迫ると柳田がセンターに大きな逆転サヨナラ2ランを放って7-6で勝利した。
d0183174_09104409.jpg
8回までは負け試合の流れであったが、9回にまさかの逆転勝利、稲葉ジャパンは監督就任初戦も大逆転勝利だっただけになにか知られざる爆発力を秘めているような気がする。
第2戦の侍ジャパンの先発予定は日本ハムの上沢である。日本ハムから唯一選ばれているので好投してほしいと思う。
バドミントンの中国オープン準々決勝が行われた。奥原希望と髙橋沙也加の日本人対決となった試合を除いてすべての選手(ペア)が勝利して準決勝にコマをすすめた。日本人対決の試合も同じ所属である奥原が約30分で2ゲームを連取して準決勝に進出した。
混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗ペアも韓国ペアに苦戦したが勝利をおさめた。第2ゲームは20-20のデュースになり何度もセットポイントを握られながら24-24から2ポイントを連取しての勝利であった。
d0183174_09105370.jpg
これでベスト4となり、メダルを確定するとともに、12月のツアーファイナル出場へ大きく前進した。
カーリングも男女とも好調である。一般法人となったLS北見は名称をロコ・ソラーレと統一したそうで、韓国でのアジア選手権でもこの名称で出場しており、予選から全勝をキープして臨んだ準決勝、香港相手に13-3で快勝した。
d0183174_09110187.jpg
決勝であたるのは韓国、若返りをはたした韓国相手にどんな試合をしてくれるのか楽しみである。

by motokunnk | 2018-11-10 09:13 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27211024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ロコ・ソラーレは準V、侍J快勝... ゴールデン・グラブ賞発表、タカ... >>