人気ブログランキング |

テキサンズ首位キープ、NPBAWARDS、サンウルブズメンバー

NFL第12週のMNFが行われテキサンズが同地区のタイタンズと戦った。第1Q、いきなりタイタンズにTD、そしてFGを決められ0-10とリードを許してしまった。
しかし連勝中のテキサンズはここから反撃、TDを奪って7-10とすると第2Q早々に逆転のTDを決めて14-10とした。圧巻は第2Q中盤、自陣ゴール前からの攻撃、RBミラーのランがあれよあれよという間にタイタンズディフェンス陣をすり抜けてなんと97ヤードのTDを奪ってしまった。
テキサンズ首位キープ、NPBAWARDS、サンウルブズメンバー_d0183174_09210931.jpg
テキサンズにしてみればファーストダウンをとれば上出来というプレイでTDまで奪ってしまう運も味方に結びつけたといえる。
タイタンズもQBマリオタがパス成功率93%と驚異的な成功率で攻撃をしかけたが、勝負所でのサックも6度奪われてしまい、反撃に水を差す結果となってしまった。試合は34-17でテキサンズが同地区対決を制して球団新となる8連勝を記録した。地区優勝だけでなくAFCチャンピオンも狙えそうな勢いを感じた試合であった。
NPBAWARDS2018が開催された。昨年からファームの表彰式も同時に開催されるようになり、ファーム優秀選手として日本ハムからは渡邉諒が選出された。渡邉諒は後半戦は一軍の試合に先発出場して活躍していただけに何でファーム優秀選手賞という感じであったが、西武の今井投手や楽天の西巻選手も選ばれており、ファームから一軍に巣だった選手に贈られる賞という意味合いが強いのではないかと思えた。
テキサンズ首位キープ、NPBAWARDS、サンウルブズメンバー_d0183174_09211916.jpg
本番の授賞式では記録部門で宮西、西川が表彰され、ベストナインとして近藤が表彰された。3選手というのはさびしい結果であったが、来年は優勝した西武のように多数の選手が壇上にあがってほしいと思った。
やはり優勝しないとその後の賞もついてこないようである。
ラグビーのテストマッチが終了し、いよいよスーパーラグビーに向けて始動するときがきた。スーパーラグビー参戦4年目となるサンウルブズがメンバー29名を発表した。
テキサンズ首位キープ、NPBAWARDS、サンウルブズメンバー_d0183174_09212727.jpg
SO田村優やWTB福岡堅樹など日本代表の中核メンバーと思われる選手は名前がなかったがそれらの選手は追加召集されるのであろう。
フォワードには新戦力として今までスーパーラグビーではレッズで活躍していたツイが初招集された。スーパーラグビー、日本代表の底上げを図る絶好のシリーズだけに日本代表と連携してサンウルブズの強化もしてほしいと思う。
昨日から全日本総合バドミントン選手権がはじまった。昨日は予選が行われ、本戦出場の選手がピックアップされ、きょうからいよいよ本戦スタートである。昨年の女子シングルスで準優勝した大堀彩、現在不調だけにどんな試合をしてくれるのだろうか。順調に勝ち上がれば準々決勝で高橋沙也加と対戦することになるのだが。

by motokunnk | 2018-11-28 09:24 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27241701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 全日本総合選手権はじまる ドルフィンズ惜敗、ベストナイン発表 >>