人気ブログランキング |

真央の再来、ワン・ボーロンと契約、トップリーグ

フィギュアスケートのGPファイナルがカナダで開幕した。日本から4選手が出場しているが、女子SPで素晴らしい記録がでた。
今季からシニアとなり、GPシリーズ2連勝でGPファイナルに進んだ紀平梨花が冒頭のトリプルアクセルを成功させ並みになるとジャンプすべてを成功させ、ステップなども完ぺきにこなして自己ベストはおろか、今季世界最高となる82・51点をマークしてトップにたった。
d0183174_09111439.jpg
平昌五輪金メダリストのロシアのサギトワは77・93点で2位であった。GPシリーズではSPで出遅れてフリーで逆転優勝を飾っていた紀平梨花、GPファイナルで完ぺきな演技を披露した。
約5点の差をつけフリーの演技の臨む紀平であるが、サギトワとの自己ベストの差は4点台だそうだ。もしサギトワと4点差以内であれば紀平のGPファイナル初出場初優勝が決まるが、果たしてどうであろう。彼女が尊敬する浅田真央に並ぶことができるだろうか。注目のフリーは明日行われる。
台湾・ラミゴからポスティング制度を利用してNPB移籍を望んでいた王柏融(ワン・ボーロン)と契約合意したと日本ハムが発表した。「台湾の大王」と異名される台湾のヒーローであるだけに日本ハムにとって強力な助っ人獲得となった。
d0183174_09112404.jpg
「王選手の台湾での大活躍は周知の通り、ここで私が述べるまでもありません。本当に欲しくて、どうしてもファイターズで一緒に野球がしたいと願っていた選手。素晴らしい縁を持つことができました。王選手は、台湾の宝。今度は日本で大きな夢を実現してほしいですし、そのために我々も全力を尽くします。打撃面での期待が大きいですが、層の厚い現外野陣を、多方面から更にレベルアップさせてくれるはず。いち早く日本の環境に馴染み、本来の力を存分に発揮してもらいます」
と栗山監督も手放しで喜んでおり、今から日本ハムのユニフォームを着て活躍する姿が思い浮かぶ。
ラグビートップリーグの総合順位決定トーナメント2回戦が今日、明日にかけて行われる。優勝を争う4チーム(サントリー、ヤマハ、トヨタ、神戸製鋼)は午後から夕方にかけての試合となる。
いずれの試合もNHK総合テレビで生中継される。W杯まで1年をきり、マスコミもラグビー人気を盛り上げるためにももっとテレビ中継などしてほしいものである。今日の午後はテレビのラグビー中継を観て堪能することができそうだ。

by motokunnk | 2018-12-08 09:13 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27257963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< サントリー、神戸製鋼決勝進出、... 岩隈巨人移籍、ツアーファイナル >>