全国大学ラグビー選手権大会準決勝、そして錦織

第55回全国大学ラグビー選手権大会の準決勝が秩父宮競技場で行われた。第1試合は早稲田大学対明治大学という関東大学対抗戦のカードの再戦であった。
1か月前の試合では31-27で早稲田大学が勝利していたが試合はどちらのチームが勝利してもおかしくない試合であった。そしてこの試合も1トライをめぐる素晴らしい試合となった。
いきなりパントのチャージからトライ(&ゴール)をあげた早稲田大学が先制、明治大学もPGをかえす展開で試合はスタートした。前半は風上に立つ早稲田が有利に試合を進めると思ったが、明治もパスを連続して攻め、10-10の同点となった。その後PGで13-10と早稲田リードで前半を終えると思ったが、明治はワンチャンスを活かして逆転のトライ(&ゴール)をあげ17-13で前半を折り返した。後半はほぼ互角の戦いであった。明治がトライをすると早稲田も取り返す展開で31-20から後半35分に早稲田がトライ(&ゴール)をあげ4点差に追い上げた。
d0183174_21161393.jpg
年末の慶應義塾大学戦を思わせる粘りであったが、この試合は最後の連続攻撃をしかけたが最後はミスをしてしまい、31-27(対抗戦と同スコアであった)で明治大学がリベンジし、決勝の舞台にコマをすすめた。
明治大学、2年連続しての決勝進出、帝京大学が決勝の相手と思われた。
そして第2試合、帝京大学対天理大学の試合は予想に反して天理大学が前半を終えて12-0とリードする試合となった。
ただ9連覇中の帝京大学のこと、後半はどんな修正をかけて攻撃を仕掛けてくるかとTVを観ていると、すぐにトライ(&ゴール)をあげ5点差に追い上げた。
これで一気に流れは帝京大学に傾くと思ったが、天理大学のしぶといディフェンスの前に帝京大学の攻撃でミスがでて追い上げることができずに逆に13分、18分に連続してトライ(&ゴール)を決められてしまった。
天理大学が26-7と大きくリードした試合、最後は29分にPGを決めて29-7と3トライ(&ゴール)で追いつけない22点差をつけた。
d0183174_21162047.jpg
このリードを最後まで守った天理大学が決勝進出、帝京大学の10連覇は夢となった。連覇は必ず終わるもの、今年のお正月。青学も箱根駅伝の連覇は4で終わりそうだ。
錦織圭の2019年シーズンがはじまった。ATP250・ブリスベン国際の2回戦に出場した錦織圭はクドラ相手に第1セットこそ7-5と苦戦したものの第2セットは6-2で奪って初戦を突破しベスト8にすすんだ。
d0183174_21162796.jpg
準々決勝はディミトロフとの試合、過去の対戦成績は4勝1敗であるが楽な相手ではない。ベストな状態での試合をしてほしいものだ。

by motokunnk | 2019-01-03 08:14 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27317977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 東海大初優勝、國學院大學もシー... 東洋往路優勝、國學院3位、藤井... >>