人気ブログランキング |

侍ジャパン発表、大坂偉業達成

3月9、10日に開催される「侍ジャパンシリーズ2019「日本対メキシコ」に出場する侍ジャパン28名が発表された。稲葉監督の弁によればこのメキシコ戦は私の選択肢を増やすためにも、まだ見ていない力のある選手を試す最後のチャンスと考えたそうで11名の初参加選手が招聘された。
d0183174_11134921.jpg
その中には日本ハムから清宮幸太郎、西川遥輝の両選手が初選出である。この他にも近藤健介が選出され合計3名の選手が今回の侍ジャパンに選出された。3選手のコメントは以下の通り
清宮幸太郎「プロ野球選手として侍ジャパンに初めて選出されたことをとても光栄に思います。選手としてはまだまだ未熟ではありますが、日本代表の一員として日の丸を背負う以上、チームの為に全力でプレーします。チームメートには偉大な先輩方がいるので、負けないよう、必死に戦います。」
近藤健介「良い選手が沢山いる中で選んでいただき、とても光栄です。貴重な経験になると思います。とても楽しみです。チームの勝利はもちろんですが、個人的にも成長できるよう頑張りたいです。」
西川遥輝「まずは、代表チームに選出していただいたことに感謝したいです。(侍ジャパン選出は)初めてのことなので、日の丸を背負う責任を感じると思いますし、やるからには、チームの勝利に貢献したいと思っています。このチャンスをモノにできるよう頑張ります。」
今朝、ビッグなニュースが飛び込んできた。テニスの大坂なおみが「スポーツ界のアカデミー賞」とも呼ばれる「ローレウス世界スポーツ賞」の年間最優秀選手に選ばれたという。
d0183174_11135716.jpg
日本人が「ローレウス世界スポーツ賞」を受賞するのは初めてのことだそうで、過去の受賞者を観ると、テニス選手がけっこう選ばれている傾向はあるがそれでも素晴らしい出来事である。バインコーチと契約解消するなどマイナスイメージがあった大坂にとっては明るいニュースだといえる。

by motokunnk | 2019-02-19 11:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/27450332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 斎藤佑樹好投、大谷素振り開始? 日本ハム練習試合、タナック圧勝... >>